『 桃林窯 器こぼれ話 』

touringama.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

春の窯開き、はじまりはじまり~。

f0174082_2121820.jpg



桃林窯、春の窯開きが始まります。
お誘い合わせのうえ、ぜひお出かけください。

日時)4月29日(祝)~5月5日(祝)
    10:00~18:00

場所)桃林窯
    〒849-2305
    佐賀県武雄市山内町宮野1832-1
    
お問い合わせ先)
     ☎0954・45・6186

     簡単なお茶とお菓子をご用意して
     います。
     なお、期間中は喫茶も営業しています。
     遊びがてら、どうぞごゆっくり
     お過ごしくださいね。

[PR]
by my_utuwa | 2014-04-24 21:40 | Comments(3)

花の気・木の気

f0174082_2261682.jpg


このところ体調を崩している。
食事がのどを通らない。
お腹が全く空かないし、食欲もない。
原因は、ちょっとした食べすぎだったと思う。
その日をきっかけに、食べられなくなってしまった。
体重はみるみるおちてしまい、人から瘠せたね・・と
言われている。
当然、体力は落ち少し動くと疲れてしまう。

ある本で、エネルギーを補てんするのに花や木から
気を分けてもらうというのがかかれていた。
病気見舞いに花を贈ることも、もしかしたら花のエネルギーを
分けてもらうという、理にかなったことかもしれない。

桜の花が満開の頃、桜の木から分けてもらおうと思い立ち
花見がてらナンと山に出かけた。
だけど、花見客が多くてとても桜の木に抱きつけない。

日を改めて、もう一度出かけても、やっぱり人が多くて
無理だった。
帰り際、ちょっとだけ大きな木に手をまわしてみると
なるほど・・・、まるで携帯を充電するように
桜の木が、私にエネルギーを充電し始めたように感じた。

人目があるから、なかなか充電できないとナンにこぼしたら
ナンが、お花をプレゼントしてくれた。
だから今は枕元に置いたこの花で、密かに、静かに充電中だ。   
キーマ




充電しようと手をまわした山桜の木。
どれくらいの樹齢だろう。
がさがさした木肌とは反対に、触れると優しい気が満ちていた。

f0174082_227253.jpg





階段脇に咲いた、利休梅。
これが咲くと、春だな・・。

f0174082_2264524.jpg





利休梅とレンギョウ。
白と黄色のコントラストが、春らしい。

f0174082_2272324.jpg





ザイフリボク
ふだんは地味で、気にも留めない木なのに
花が咲くと、急に目立つ。
花の姿を、武将がふる采配にみたてたことから
付けられた名前ですって・・・。

f0174082_227482.jpg





ミツバツツジ

f0174082_2274185.jpg





コデマリもつぼみが膨らんだ。

f0174082_2272271.jpg





花ズオウ
桃林窯の春は白い花が多い。
桃林窯を建てた時、春になると真っ白な花がたくさん咲くように
白い花ばかりを植えた。
自然に咲く花も、不思議とうちでは白い花が多い。
白い花がたくさん咲くと、よく庭に出て楽しんでいる。

f0174082_227583.jpg

[PR]
by my_utuwa | 2014-04-16 22:33 | Comments(7)