「ほっ」と。キャンペーン

『 桃林窯 器こぼれ話 』

touringama.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

鉢の中の小宇宙

f0174082_1317264.jpg



シド・・。
何年か前に、お客様から頂いたメダカのシドは
もう3~4年ほどを生きている。
小さな水槽の中で、3~4年・・。
シドの水槽を覗くたびに、シドに済まないような気持ちになる。


シドはたった一匹で水槽の中で暮らしている。
最初から一匹だったわけではない。
2匹もらったたけれど、片方が死んでしまって結果的に一匹になった。

シドは、もう一方のメダカにいつもいじめられていたようで、
一匹になってしばらくは、とても嬉しそうにしていた。
でも、ずっと一匹ではかわいそうだと思い、
ある日ナンが小さな金魚を4匹買ってきた。
金魚はなぜだか、毎日一匹づつ死んでいった。
そうして5日目に、シドはまた一人ぼっちになってしまった。

1年ぐらいたったある時、裏の湖から小さな川エビをすくってきた。
シドは珍しがって、泳ぐたびに川エビに近づいていたが
川エビにとってはストレスだったのか、これもまた4日目に死んでしまった。

半年後、今度はメダカの稚魚をすくって再び水槽に入れてみたけれど、
シドは稚魚の後を追いかけて、すっかり怖がらせてしまった。
稚魚も再び、死なせてしまったらいやだと思い、
すぐさまもとの湖に返しにいった。


f0174082_13322111.jpg
それ以来、シドはずっと一匹でいる。
ピッキーやクンが水槽の水を飲みに来ると
遊んでもらえるとでも思うのか、猫の口元まで喜んで浮いてくる。
猫たちはシドを住人と知っているのだろう、
横目で見ながらもけっして取ったりはしない。

「でもシド・・、広い湖で泳いでみたい?」と心で問いかける。
自分だったら、どうだろう・・。
やっぱり広い所で泳ぎたいと願うだろう。
たとえ厳しい環境の中だとしても、思いっきり生きてみたい。
せっかく生まれてきたんだもの・・。

シドの世界は、この中がすべてだとナンは言う。
「もしシドを湖に放してやったら、シドはすぐに食べられて死んでしまう、
不自由の中にしか自由はないんだよ。」
「そうね、シド・・」
シドは、小さな背びれを動かして答えない。

どっちがいい・・?
日の当たる小さな水槽の中は、外の寒さとは裏腹に
今日も静かで穏やかな時間が過ぎている。           キーマ



f0174082_1317516.jpg






<作品の紹介>

f0174082_1318155.jpg

小さな足が付いた粉引きぐいのみ。
手の中の収まり具合が何とも気もちがいい。
寒い日は日本酒をお燗にして、こんなぐいのみでゆっくり楽しむのもいい。




f0174082_13181682.jpg

ぐいのみいろいろ。
奥に見えるのにも、小さな足が付いている。
ロクロ目を生かしたシンプルで、少し大きめのぐいのみ。
お酒好きには、これくらいの大きさがいい感じだ。




f0174082_13182789.jpg

おそろいの片口酒器と・・・。
少し小ぶりの酒器は、女性にも人気だ。
手前は、平たい粉引きの盃。



f0174082_1318341.jpg

片口いろいろ。
酒器はもちろん、だし入れや湯さましなどにも・・。
片口ファンはとても多く、コレクターも多い。
次の個展にはこれらを出品します。
どうぞお楽しみに・・・・。



    個展のお知らせ
場所) 佐賀玉屋南館6階ギャラリー
       ローズルーム
        佐賀市中の小路2-5
        ☎0952・24・1151
        http://www.saga-tamaya.co.jp

期間) 3月6日(水)~11日(月)
       AM10:00~PM6:30
        (最終日 5:00)

[PR]
by my_utuwa | 2013-01-29 14:02 | Comments(10)

キーマの誕生日ジンクス

f0174082_1440233.jpg


今年の正月は静かな始まりだった。
朝遅く起きて、年賀状が届いた頃にキーマが作った簡単なおせちをいただき、
騒がしいテレビは消したまま、分厚い新聞に挟まれた広告を見たりする。
昼をすこし過ぎて雪も解けた頃に、両親に新年のあいさつに出かける。
2日も同じようなパターンで、キーマの実家にあいさつに行った。

3日はキーマの誕生日だったが、
4日にも外出のついでがあった僕らは、誕生日のお祝いを一日遅らせることにした。
必ず誕生日は当日に祝うことがきまりだったが、
去年のクリスマスの予約に苦労したことで、すこし嫌気がさしていた。

年末のその日は僕の誕生日だったので、いろいろな店に予約の電話をしたけれど、
席は空いていても料金がスペシャル過ぎて、まったく手が出なかった。
クリスマスに高い料理を設定する店は以前からあったが、
特別メニューしか出さなくなってしまったことが残念で仕方がない。
結局僕の誕生日は和食の店で祝ってもらい、
カワハギの刺身も、揚げたての天ぷらも美味しくいただき、満足な和風クリスマスになった。
予約の取りにくい3日に外食をやめたのは、そんな、いきさつもあってのことだった。

キーマの誕生日が過ぎて2~3日が過ぎた頃、
キーマにはいろいろなプレゼントが舞い込んできた。
常連のお客様からは、宝くじやアロマオイルを。
ローズマリーの葉を摘んで持って来てくれたりもした。
友人からは、バースデ-カード。
妹からはエプロン作りにと、ミシンを。
そしてピッキーからは3000円の図書券をもらった。

誕生日にきっちりとお祝いしなくても良い一年になりそうだと言うキーマは、
誕生日ジンクスが克服できたようだ。        ナン





粋なお客様がいて、キーマは思いがけないお年玉をいただいた。

f0174082_14402438.jpg





ローズマリーの葉は、寒い時期のものを干して使う。
ポプリにしても、入浴剤にしてもいい香りだ、

f0174082_14404485.jpg





キーマの妹からプレゼントされたミシン。
でもキーマはミシンを使ったことがない。

f0174082_14405227.jpg





以前、通販生活に投稿していたピッキーの写真が再掲載されて、
3000円の図書カードが送られてきた。
全く思いがけない、ピッキーからのサプライズでした。

f0174082_144101.jpg





ピッキーにも猫おもちゃが送られてきたけど、
我が家のニャンズ達は見向きもしない。

f0174082_1441874.jpg





4日に行った、カレーランチ。
サモサ美味しい!

f0174082_1441168.jpg





キーマが頼んだのは、ベジタブルキーマカレー、中辛。

f0174082_14412590.jpg




いつもの店のいつもの味。
ふつーに行って、ふつーに食べれる、これ大事だよね。
ちなみにこの店は、3日からふつーに開けていたそうです。

f0174082_14413231.jpg

                              
[PR]
by my_utuwa | 2013-01-14 15:33 | Comments(8)