『 桃林窯 器こぼれ話 』

touringama.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Let's湯布院!!

f0174082_23193364.jpg



今年の夏は例年よりとても暑かった。
そう、なにしろ暑くてたまらなかった。
ギャラリーに入ってくる山からの風は、熱風に近く
窓を開けてもすぐに締めるという繰り返しだった。

夏の間、かかりっきりだったナンのパパの展覧会が無事に終わり、
ナンはようやく一心地がついた。

「ニッパチ」とはよく言ったもので、2月、8月は来客も少ない。
そんな時は気分転換も兼ねて、どうせならおもいきり遊ぼうという事になった。
友達に誘われて、いざ、湯布院へ・・・!

今回は、「湯布院の旅」でお届けします。     キーマ


f0174082_2320283.jpg





今夜のお宿です。
入口に向かって、一枚。
なんだか、楽しみ・・・。

f0174082_23195398.jpg





入ってすぐのフロント。
窓からは大きく由布岳が見える。

f0174082_23202777.jpg





受付している間に、ここで一服。
コーヒーサーバーがあって、セルフサービスで一息。

f0174082_23203032.jpg





お部屋へご案内。
渡り廊下の一番奥が今回のお宿です・・。
わっ、なんかドキドキ・・。

f0174082_23205937.jpg





ここです、と案内されたお部屋。
6人でお泊りなので、メゾネットタイプです。
2階部分は、部屋が4つ、1階にも2間。
好きな所を好きなように使っても部屋が余ってしまう贅沢。

f0174082_23252274.jpg





早速お風呂へ・・。
窓の外にも露天風呂。

f0174082_2325382.jpg





お風呂の後は、いざ夕飯へ。
階段を上って右手が、お食事の間。

f0174082_23283694.jpg





せっかくだから地ワインでも飲もうよ・・ ということで・・。
「あじむ」と読むらしい。

f0174082_23465338.jpg



f0174082_23385231.jpg





空芯菜のとろろ和え。
ほんのりと優しいお味、

f0174082_23472876.jpg





濃厚な玉ねぎの冷製蒸し。
コクがあって、甘みがある。

f0174082_2329486.jpg





今日のお造り。
今回はマグロです。

f0174082_23295593.jpg





冬瓜のお仕立て。
コンソメ仕立て。
ズッキーニや針ショウガ、いと唐辛子など。

f0174082_2330357.jpg





何と、マツタケのフライ。
いいの? こんなぜいたく・・。

f0174082_23301542.jpg





そして、これがもう涙が出るほど美味しかった黒毛和牛の炭火焼。
し・あ・わ・せ。

f0174082_2330254.jpg



f0174082_23303653.jpg





そして、デザート。
杏仁豆腐の桃コンポート乗せ。
ああ~、満足でした。
お御馳走様でした♡

f0174082_23304772.jpg





夜も更けました。
階段を下りてお部屋へ。
照明も、素敵だな。

f0174082_23314378.jpg





そして、朝。
空気がひんやりとして、気持ちいい!!

f0174082_23322485.jpg





食堂に行っても他には誰もいない。
ということは、もしかして貸し切り?

f0174082_23324121.jpg





じゃ~ん、朝食です。
朝からこんなに?うちじゃ、晩御飯だよ・・。

f0174082_23325629.jpg





今日はいいお天気。
さあ、でかけようっと・・・。

f0174082_2333104.jpg





泊まった部屋が食堂から見えます。

f0174082_23332533.jpg





薬膳カレーが始まりました!!

f0174082_8205553.jpg


期間)9月~10月

時間)12:00~

場所)桃林窯ギャラリー

料金)¥2100(お一人様)

内容) ・お付きだし
     ・オードブルプレート(5品種盛り合わせ)
     ・季節のサラダ
     ・地鶏のカレー・ライス
     ・デザートプレート
      (スイーツ盛り合わせ、季節の果物)
     ・コーヒー

  二日前までのご予約でご用意致しております。
  どうぞお早めにご予約くださいませ。
  
予約)   ☎0954・45・6186 (桃林窯)

[PR]
by my_utuwa | 2012-09-21 21:08 | Comments(13)

夏の終わりに・・

f0174082_14314142.jpg




そろそろ暑い夏が終わりを告げようとしている。
朝夕ともなると、ひんやりした風が北の窓から入ってくるようになってきた。

蝉は最後の力を振り絞って、鳴いているように聞こえる。
夏の間、家の中の風通しのよい所で眠っていたクンやピッキーは
庭の木陰まで出てくるようになってきた。

お盆過ぎから今頃までは、待ちに待った巨峰のシーズンを迎える。
巨峰はナンの大好物で、ブドウ農園までの片道20分の道のりを
せっせと通っている。
巨峰のシーズンは、せいぜい3週間ぐらいだ。
この時期、ブドウ農園のテント前にはひっきりなしに車が止まる。

まるで最後の力を振り絞る蝉のような旬の巨峰に、みんなの心が急ぎがちだ。
よくもまあこんなに買ってくるものだと呆れるくらいに
ナンは、朝採りのブドウを両手にぶら下げて帰ってくる。

巨峰は、すべてナンのお小遣いから捻出される。
だからという訳ではないが、私は横からちょっとだけつまむだけ。
本当に残念だけれど、おいしい巨峰も甘いがゆえにたくさんは食べられない・・。
                                               キーマ







f0174082_14313616.jpg



心なしか、山の空気が変わってきた。
暖かなコーヒーが飲みたくなるなる・・。
ナンは、炭化焼締めのコーヒーポットを作り始めた。
ここにも、小さな秋見つけた・・。


f0174082_1432287.jpg





貝殻でワンポイントをつけた、焼締めの小皿。
和え物を盛り付けてもいいし、菓子皿として使っても
テーブルがきゅっと締まる。

f0174082_14315318.jpg





ぐい呑みコレクターのリクエストで盃を作ってみた。
荒い粒子の土を使って、一気に轆轤を引く。
小さな杯には、大げさだけれど広い宇宙感が広がるようだ。

f0174082_14322967.jpg





盃の裏面。
ちょっと味があるでしょ?

f0174082_1432205.jpg





シンプルな粉引きのぐい呑み。
くぼみがあるほうが、正面。

f0174082_14324527.jpg





小さな三つ足足付きのぐい呑み。
手の中に気持ち良く収まる。
ぬる燗のお酒をゆっくり飲むのにいかがでしょう。

f0174082_14323536.jpg





手前は馬上杯型のぐい飲み
奥は、三つ足しのぎ入りぐい飲み。

f0174082_21363364.jpg





静かな秋に、こんな盃で一献いかがですか?

f0174082_1433868.jpg



薬膳カレーが始まりました!!

f0174082_8205553.jpg


期間)9月~10月

時間)12:00~

場所)桃林窯ギャラリー

料金)¥2100(お一人様)

内容) ・お付きだし
     ・オードブルプレート(5品種盛り合わせ)
     ・季節のサラダ
     ・地鶏のカレー・ライス
     ・デザートプレート
      (スイーツ盛り合わせ、季節の果物)
     ・コーヒー

  二日前までのご予約でご用意致しております。
  どうぞお早めにご予約くださいませ。
  
予約)   ☎0954・45・6186 (桃林窯)

[PR]
by my_utuwa | 2012-09-07 21:41 | Comments(10)