『 桃林窯 器こぼれ話 』

touringama.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

春の窯開き、始まります!!

f0174082_22141789.jpg



桃林窯、春の窯開きが始まります。
どうぞ皆様、お出かけください。
お待ちしています。
 
日時)4月29日(祝)~5月5日(祝)
    10:00~18:00
 
場所)桃林窯
   〒849-2305
   佐賀県武雄市山内町1832~1
   
   ☎0954・45・6186

[PR]
by my_utuwa | 2012-04-24 22:15 | Comments(6)

4人のじじばば



f0174082_1713984.jpg



最近は会う人ごとに「ブログ見ていますよ・・」と
声をかけていただくことが多くなった。
発信している方は、パソコンに向かっているだけなので、
その向こうにたくさんの人たちが見てくださっているという感は
あまりない・・・。
「最近は更新が遅くなったので、お二人ともお元気かな?と心配していました」
という声を聞いてから、ちょっとばかり怠慢になっていたことを反省したりもしていた。
更新が遅くなってきたのには、理由がある。

日々の雑用に追われていることも理由のひとつだが、
ナンと私には、90歳前後の計4人の両親がいる。
こまごまとした用事をすませるのに時間を取られてしまうのだ。

ここ数年のうちに元気だった両親達が、次々と病気や事故にあったりした。
心筋梗塞、脳出血、交通事故、骨折・・。
それでも誰も欠けることがなかったのは、やっぱりスゴイ事だと思う・・・。

母親たちは、それぞれに覚悟を決めているようで、
お迎えが来るまで、なるべくみんなに迷惑はかけたくないと言う。
そうなると、「遠慮なんかしないで、なんでも困ったことがあるなら
言ってよ」・・・と気遣う心に添いたくなる。

大正生まれの父親たちはわがままで、人のことなんかまったく気にしない。
往生際も悪そうで、自分だけは絶対に死なないと豪語している。
気が弱いのが幸いして、病院へ行くのがこの上なく大好きだ。
お腹をこわしたと言っては薬を飲み、便秘をしたと言っては薬を飲む。
時には両方いっぺんに飲んで体調が悪くなり、点滴を受けたりしている。
病院の先生たちもその辺は心得ていて、うまく手のひらの上で転がしてくれている。
「いい加減にしたら?!」と身内はついつい言いたくもなるのだが
そうすると「年寄りには優しくしろ!」と、口だけは達者だ。

介護のサービスをなるだけ利用して、それでも足りないところを補うようにすることが
家族のストレスを少なくする介護の秘訣だと知人に教えてもらっていたのが
今のナンと私にはありがたい。

仮病でデイサービスをサボるケンパ、
ぼけた年寄りばっかりで、なんだか面白くないという。
かたや、おいしい焼酎とおつまみの差し入れを部屋にこっそり届けさせ、
届け終わったらさっさと帰れというナンのパパ。
「こうなったら、とことん付き合ってあげるしかないね・・」

そんなわけで、ブログの更新がちょっと遅れ気味なのは
みなさん、大目に見てくださいね・・・。           キーマ






ついこの前まで寒かったのに、暖かくなったら花が一斉に咲き出した。
ここに引っ越ししてきてすぐの頃、お客様からいただいたオウバイ。
もう15年も前のことだ。
すっかり大きくなって、ギャラリーの入口を飾っている。

f0174082_1715384.jpg




シロバナハナズオウ。
紅紫色が多いけれど、これは白。
おこずかいで買ってきた小さな株が、大きくなった。
花も可愛いけれど、ひっそりした雰囲気も好きだな。

f0174082_1722191.jpg




野生で名前がわからない・・。
大好きな花木だ・・・。
どなたか名前を教えてもらえませんか?
秋には赤い実が付くんですけれど・・・。

f0174082_1721770.jpg




ミツバツツジ。
この辺一帯に多い野生のツツジだ。
冬には葉っぱが落ちてしまう。
薄紫にあちこちに咲いている。
うちに庭にも、あちこちで見かける。

f0174082_172418.jpg




紅葉する木がほしくて買ってきたモミジだったが、
新芽でも紅葉することは知らなかったな・・。

f0174082_1723825.jpg


f0174082_173317.jpg




これも野生。
なんだかわかりません。
赤いところは新芽なんだけれど、お花みたいでなかなかでしょ。

f0174082_173070.jpg




エッヘン。ハーブです。
今年も元気に育ってくれそうです。 バンザイ!!

f0174082_1732384.jpg




レッドロビン。
これも小さな株をおこずかいで買ったけれど今では巨木、赤い葉っぱが綺麗でしょ?
小さな花が咲きそうだけれど、花が付くなんて知らなかったな・・・。

f0174082_1731771.jpg

[PR]
by my_utuwa | 2012-04-18 23:51 | Comments(4)

居酒屋ささいずみ

f0174082_11201414.jpg


佐賀玉屋での個展が終わった後、
東京の百貨店での企画展に出品する作品を大急ぎで仕上げた。
そして注文をもらっていたチャイカップを喫茶店に届け終え、
やっとひと休みすることができる。

気分転換にキーマを外食に誘うと、
キーマはエプロンのデザインが煮詰まっていたらしく、即決で出かけることになった。
「和食が食べたい!」という僕の意見に「タイ料理!」の異論があったが、
寄り切って和食の勝ち、居酒屋に行くことに決めた。

高速に乗り300円の料金を払って、30分後には佐世保に着くことができる。
マイナーなイメージの佐賀県人にはコンプレックスがあって、ハイカラな長崎に行くとテンションが3割位上がってしまう。
駐車場に車を止めたのは夕方の早い時間で、暗くなるまでにはもうすこし間がある。
1時間位ぶらぶらと商店街を歩き、上がったテンションを落ちつかせる。

着いた店はお世辞にもきれいとは言えない創業数十年の老舗で
生簀のまわりをぐるりと囲む、カウンターだけの繁盛店。
いつも1時間は待たされるが、今日は待ち時間なしに座ることができた。

帰りの運転はキーマに任せてここからはビール三昧、至福の時を過ごす。
長いカウンター席は入れ替わり立ち替わりに色々な人の話が弾んでいる。
隣で盛り上がっていた3人組の一人がふと立ちあがって勘定を済ませて帰って行った。
残った2人に聞いてみると偶然居合わせた知らない人だと言う。
一人で来る人も多いようだ。
普段は、外国の方も多いけれど今日は一人もみあたらない。
車の運転で今日は飲めないキーマが先に食べ終えた。
僕は慌てて「ばってら」を頬張り、店の前に行列ができ始めた頃席を立った。

最近は忙しい日が続いたので、ゆっくりと外食もできなかった。
帰りの車中で「また来よう。」と言うキーマは「次はタイ料理と車の運転をお願い。」
と、釘を刺すことも忘れていなかった。                ナン



まず注文したのが、シーザーサラダとフライポテト。
シャキシャキとホクホク、ビールとの相性も抜群だ。
f0174082_11202469.jpg


f0174082_11203892.jpg




メニューはどれも驚くほどリーズナブル。
ね、安いでしょ
f0174082_11204525.jpg




刺身も新鮮でおいしかった。
f0174082_11205911.jpg


f0174082_1121524.jpg



この店一番人気のイカ刺し。
身が透き通っている。
f0174082_11211934.jpg



キーマは、ばってらが一番美味しいと言っていた。
f0174082_11212825.jpg


f0174082_11214128.jpg



キーマが注文した、てんぷら定食も美味しかった。
f0174082_11215184.jpg



店内はこんな感じ、隙間なく席が埋まっている。
f0174082_1122392.jpg




駐車場までの帰りにトンネル横丁という看板を見つけた。
防空壕として掘られたトンネルをそのまま店にしているらしい。
f0174082_11221296.jpg


店は何軒も続いていて焼き鳥屋や居酒屋が多い。
入口に何か描いてある。
f0174082_11222638.jpg


近づいてみるとこんな感じ。
実際の店内とは絶対違うと思う。
f0174082_11223144.jpg



家に帰る途中には、有名な社長の会社がある。
ビルの中はまだ明りが付いていて、あの甲高い声が聞こえてきそうだ。
f0174082_11224460.jpg

[PR]
by my_utuwa | 2012-04-07 12:16 | Comments(8)