『 桃林窯 器こぼれ話 』

touringama.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

さらに、後まわし。

11月の窯開きを終えるまでは、すべての用事を後回しにすることにしていた。
ようやく窯開きの後片づけが済み、ひと段落してみると、
済ませなければならない雑多な仕事が山積みになっている。

工務店に整地をしてもらった駐車場は、雨に打たれてドロドロになったままだし、
天外天に取り付ける予定の薪ストーブは、箱から出してもいない。
衣替えもまだで、タンスの中にはTシャツや半ズボン、プール用の水着やゴーグルまで夏のままだ。

結局、最初にしたことはデジタル放送が見られるようにすること、・・・のはずだった。
もともと電波が届きにくいこの場所では、
テレビを買い替えて、ケーブル放送と契約するのが一般的だ。
しかし貧乏症の僕は、どうにかしてアンテナ受信ができないものかと考えた。
地上デジタルサポートセンターに問い合わせて、電波の方角や強さ、機材の選び方などを教えてもらい、それを電気店に注文した。

後日電気店から届いた段ボール箱を見て、僕は少し後悔した。
段ボール箱を開けてみて、さらに後悔した。
二つ折りにされた20素子のUHFアンテナは、広げて見ると僕の背丈より高い。
これを2本と、ブースターを屋根に載せなければならない。

考えた末、とりあえずアンテナ1本とブースターを取り付けることにして作業を始めた。
説明書片手に四苦八苦しながらも、どうにか取り付け完了。

ところが、テレビが映らない。
アンテナをいろいろな方角に微調整しても、サポートセンターが言うような局は見つからない。
日が落ちて、だんだん暗くなりかけても作業は、はかどらない。
「草なぎく~ん、どうにかしてくれー。」
結局、遠く離れた熊本のNHKだけを受信することができた。

僕は丸一日をかけて、テレビを映らなくしてしまった。地デジ難民だ。
「NHKが映ればそれでいい、夜が静かになるわ。」と、キーマは言う。

我が家の地デジ化は、5月の窯開きの後になりそうだ。     ナン




   長大な20素子アンテナが青空に映える。
f0174082_10543658.jpg





   立派なアンテナは、洗濯物も干せそうだ。
f0174082_10544848.jpg





   地上デジタルサポートセンターからもらった、電波状況の見取り図。
   今となっては腹が立つ。
f0174082_1055018.jpg





   いろいろな方向に向けたが、受信できない。
f0174082_10551061.jpg





   暗くなってきたが、まだうまくいかない。
   古いVHFアンテナを付け直したりして、悪あがきしてみた。
f0174082_10551832.jpg





           <作品の紹介>


          次の個展用に作った徳利。
          轆轤で引いた後、てびねりで作ってみた。
f0174082_10553376.jpg

          高さ15.5cm ¥6000



          面取りぐいのみ。
f0174082_10554399.jpg

          高さ5.5cm  ¥3000



          刷毛目片口。
f0174082_1055551.jpg

          高さ8cm  ¥3500



          粉引き湯のみ
     「博多一番山」の大将に依頼されて作ったもの。
     先日、新店舗に忘年会を兼ねて身内で集まった。プロの腕前を堪能してきた。
f0174082_1056671.jpg

          高さ7.5cm  ¥2800



          刷毛目プレート(径15センチ)
     この大きさの平皿は、出番が多く重宝する。
f0174082_10562087.jpg

          ¥2800/1枚



          粉引き皿(径23センチ)
     あっさりしたこの皿は、キーマのリクエストで作ったもの。
     薬膳カレーランチに使っている。
f0174082_10562998.jpg

          ¥4000/1枚





桃林窯の器で食べる冬の薬膳カレーのお誘い  期間)12月3日(金)~2月21日(月)  12:00~
人数)  1日5~6名様限定  料金)¥2100(1名様)

・桃林窯、冬の薬膳カレー(コース料理)をご用意します。
 お友達やご家族様とごゆっくりお過ごしいただけますよう、
 1日5~6名様程を限定とさせていただきます。
・事前予約(2日前まで)の受付でご用意いたします。
 どうぞお早目に御予約ください。

予約・問い合わせ) 桃林窯 (とうりんがま)  
           ☎ 0954・45・6186
毎週水曜、年末年始(12月29日~1月6日) はお休みします.

お食事内容) ・オードブルの盛り合わせ
            魚介類のマリネなど5~6種類ほどを
            プレートに盛り合わせています。
            (その日の仕入れによってお料理が変わることがあります)
         
         ・黒髪山の根野菜サラダ
            (自家製ドレッシングでお召し上がりください)
         
         ・スパイシー薬膳カレー
            (数日間、時間をかけてじっくり煮込んだスパイシーな
            地鳥のカレーです。また、ご飯には黒髪山の水で育った
            山内町のお米を使用しています。)
            
         ・デザートプレート 
            (季節のおやつ、チーズケーキ、フルーツ添え)
         
         ・オリジナルブレンドコーヒー   
f0174082_13104450.jpg

[PR]
by my_utuwa | 2010-12-19 13:04 | Comments(22)

初冬

クンは拾われてここにやって来たことを、覚えているのだろうか。
事あるごとに、先住のピッキーに遠慮をしている。

ピッキーが外から帰って来た時も、ピッキーの機嫌が悪いと
クンは入れ替わりに、外に時間を潰しに行く。
ピッキーが帰って来た時は、必ず猫ドアの前まで迎えに行くし、
ご飯だってピッキーが先に食べ始めるまで、じっと待っている。
ピッキーに可愛がってもらいたくて、クンが頭を差し出すと
ピッキーはクンの頭を丁寧に舐めてくれる。
そんな時、クンは神妙にしてピクリとも動かない。
ちょっとでも動くと、ピッキーの機嫌を損なうことを知っているからだ。

私達の朝は遅い。
寒くなってくると、だんだん起きるのが億劫になってくる。
朝ご飯を待ちわびているクンは、我慢できずに枕元にやってきて、
消え入るような小さな声で、一言だけ「にゃ・・」とごはんの催促をする。
さんざん待ってもうこれ以上は限界・・と思った時に
遠慮しながら私達を起こすのだ。

猫たちの朝ご飯はナンの役目で、まずはナンが起き出す。
そうしてドライフードをチャラっと器に入れる音が台所から聞こえてくる。
しばらくすると、薪ストーブからボッボッと火が起こる音が気こえてくる。
そのうち、ぱちぱちと薪がはぜて部屋中にいいにおいが漂ってくる。
部屋が暖まりかけた頃、寒さが苦手な私もベッドからごそごそと起き出して
頂き物の紫芋をアルミホイルに二重に包み、ストーブの中に入れる。
神棚のお水を新しく取り替えて、やかんに火をかける。
沸かしたてのお湯でお茶を入れ、お芋がほくほくと焼けた頃
ピッキーも自分のベッドからようやく起き出してくる。

朝から焼きイモという幸せな朝食をいただきながら
また忙しくなる前の、束の間の時間を楽しんでいる。

今日もストーブの前で、ピッキーに暖かい席を譲りながら
クンが後ろからピッキーにちょっかいを出していた。     キーマ


f0174082_2144890.jpg





朝ご飯を終えたクン。
あたたかな日差しの中で、物思いにふけっている。
最近ちょっと太ってきた。

f0174082_21442576.jpg



f0174082_21443617.jpg





昼下がりには、場所を移動してやっぱり寝ている。
「クン」呼んでも起きない・・。
こそこそとお腹を触っても、爆睡中だ。

f0174082_21444761.jpg



f0174082_21445770.jpg





ワル猫さんから頂いた、むらさきイモ。
畑で掘ってきたばかりのいろんな種類のお芋をいただいた。
むらさき芋の色がきれいで、味も上品。
バターをつけて、頂きま~す。

f0174082_21461086.jpg





炭化焼締めの長角皿にのせて・・。
ストーブでじっくり焼くとホクホクする。

f0174082_21461834.jpg





実はこのロールキャベツ、前の日にストーブの上にのっけていた。
中までやわらかく煮えていて、お昼に頂く。
ちょっと遅めのお昼になったな。
ここにもお芋を入れて一緒に煮込んでみたら、やっぱり美味しい・・。

f0174082_2146283.jpg





最近ナンが作った焼締めのお皿。
とても気に入っていると言っていた。

f0174082_21464114.jpg








桃林窯の器で食べる冬の薬膳カレーのお誘い  期間)12月3日(金)~2月21日(月)  12:00~
人数)  1日5~6名様限定  料金)¥2100(1名様)

・桃林窯、冬の薬膳カレー(コース料理)をご用意します。
 お友達やご家族様とごゆっくりお過ごしいただけますよう、
 1日5~6名様程を限定とさせていただきます。
・事前予約(2日前まで)の受付でご用意いたします。
 どうぞお早目に御予約ください。

予約・問い合わせ) 桃林窯 (とうりんがま)  
           ☎ 0954・45・6186
毎週水曜、年末年始(12月29日~1月6日) はお休みします.

お食事内容) ・オードブルの盛り合わせ
            魚介類のマリネなど5~6種類ほどを
            プレートに盛り合わせています。
            (その日の仕入れによってお料理が変わることがあります)
         
         ・黒髪山の根野菜サラダ
            (自家製ドレッシングでお召し上がりください)
         
         ・スパイシー薬膳カレー
            (数日間、時間をかけてじっくり煮込んだスパイシーな
            地鳥のカレーです。また、ご飯には黒髪山の水で育った
            山内町のお米を使用しています。)
            
         ・デザートプレート 
            (季節のおやつ、チーズケーキ、フルーツ添え)
         
         ・オリジナルブレンドコーヒー   
f0174082_13104450.jpg

[PR]
by my_utuwa | 2010-12-02 08:42 | Comments(21)