『 桃林窯 器こぼれ話 』

touringama.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

竜太の出番

窯から上がったばかりの焼き物は、高台の裏がざらざらしていて
そのままでは使うことができない。
そのざらざらを磨いてきれいにすることが、焼き物作りの最終工程になる。

工房には高台裏を磨くための道具がいくつかある。
サンドペーパーや砥石を使うこともあるが、主にはダイヤモンド粉を練りこんだ
エピスロンと呼ぶ、ピザくらいの大きさのゴム板を回転させ、
それに焼き物を押し付けて磨くことが多い。
頑固なざらざらは、小さな砥石をリューターと呼ぶ機械に取り付けて、
高速回転させて削り取ることになる。

ある日工房に来ていたキーマに、作業台に置いていたリューターを
手渡してくれと頼んだことがあった。
リューターを使って作業をしているとキーマが、「何と言う名前?」と聞いてきた。
「これ? リューター。」 僕は答えた。
キーマは独り言のように「名前を付けたんだ。」と言った。
「名前と言うか、呼び名は何にでもあるさ。」又僕は答えた。

会話の中になんとなく「???」が飛び交っていて、ちぐはぐな感じがする。
僕はキーマに、
「英語なのかドイツ語なのかは知らないけれど、昔からこれはリューター。」と言った。
・・・「えっ?」[竜太じゃないの?]

キーマは、
箱に入れて大事そうに使っているリューターに、僕が竜太という名前をつけて
大切にしていると勘違いしたらしい。

思わず噴き出して腹を抱えて笑ってしまった。
工房に手伝いに来ている窯大生たちも大爆笑。

このことがあってから僕は、工房で竜太を使うたびに苦笑いをしてしまう。
                                   ナン


f0174082_74243100.jpg





前回の窯で上がったコーヒーポット。
焼締めのポットは久しぶりに作った。
内側には茶漉しを付け、紅茶や、日本茶などにも
使えるようにしている。
ポット類は組み立てるまで形が見えず、気を抜けない。
天気予報を見て、乾燥に気をつけながら
取っ手や注ぎ口のパーツを組み立てる・・。

f0174082_7425457.jpg





奥・・コーヒードリッパー   
ポットの上にドリッパーを直接のせて、ドリップができる。
ドリップしている間に使う、蓋専用の台皿も作った。
大きさや形から言うと、ネルドリップ向きかな。
キーマの強いリクエストだった。   

f0174082_743473.jpg




                  
コーヒーウォーマー
ずっしりとした角型。
上から下へ向かうグラデーションは、気に入っている。
中にはキャンドル入れの器が付いている。
休みの日、コーヒーを楽しむ時にウォーマーに火を入れて
ゆっくり過ごしてもらえればと思う。

f0174082_7431496.jpg

            



ミルク入れと砂糖入れ
左はコヒー用ミルク入れ。手のひらに乗るくらいの小さいサイズ。
手びねりで作ったので、手の中でのおさまりがいい。
火むらが綺麗で、ミルクの切れもいい。

三つ足付きの砂糖入れ。
これも手びねりで作っている。栗の皮のシュガースプーン付き。

f0174082_7432488.jpg

                



ぜんぶ並べて、写真を取ってみた。
渋い雰囲気がある。
深入りのコーヒーとかどうだろう。

f0174082_7433498.jpg





喫茶で使っている粉引きの珈琲椀。
取っ手が平らなのは、お客さんからのリクエストだ。
口に当たる縁を、玉縁に・・。
これもお客さんからのリクエストだった。
作ってみたら、以外と使いやすかった。

f0174082_743438.jpg

              



カズラ付き粉引きカップ。
手びねりで作っているので形はいろいろ。

カズラも山から採ってきたて自分で編んだ。
途方もなく時間がかかるため、
最近はあまり作らなくなった。
個展に出すと完売するが、作家泣かせでもある。

f0174082_7435488.jpg

               
[PR]
by my_utuwa | 2010-06-23 07:25 | Comments(21)

チーズ三昧

f0174082_922393.jpg




最近、嬉しいプレゼントが続いている。
チーズ・・・。
そう、私たちはチーズに目がない。
イタリア旅行が当たった友達から、お土産にでっかいチーズをもらった。
パルメザンチーズだった。
向こうでは、朝食に薄く切って,パンに載せて食べるそうだ。

一番山の大将からも、自家製のスモークチーズが届けられた。
この大将、店舗を幾つも持っていたのをあっさり人に譲って、
今度はこだわったうどん屋を、夫婦二人で始めるらしい。

チーズといえば、こんな思い出がある。
結婚した当初、実は私はあんまりチーズが得意ではなかった。
食べた触感が、石鹸を連想させたからだ。
暇があってもお金がない、毎日そんな貧乏暮しをしていた。
日曜日になっても、することも行くところもなかったけれど、
時間だけはたっぷりあった。

ある日、ナンが「弁当を作って、どこかへ出かけようか」と誘ってくれた。
冷蔵庫を覗いて「よ~し、特製のサンドイッチを作ってやろう。」と言う。
冷蔵庫の中に、大して目ぼしいものは入っていないのは分かっていたが
それでもちょっとワクワクした。
ナンはよく料理を作っていたらしい。手際の良さは、抜群だった。
出来たてのサンドイッチには、ナンのビールのつまみのプロセスチーズが
たっぷりと仕込まれていた。
「あちゃ~、チーズは苦手だなぁ・・」ほんとのことをいうと、最初にそう思った。

どこへ行ったか、よく覚えていない。
あてなく車を走らせて、どこかの公園のベンチでサンドイッチを食べたと思う。
ナンは日曜日になると、いろいろな所へ連れて行って、私を楽しませてくれた。
行くところは、お金のかからない近くの山だったり、海だったり、沢だったりした。
名水を訪ねて、いろいろなところへ汲みにも行った。
私もこんな自然がいっぱいのところが大好きで、どこにでも一緒について行った。

その時食べたサンドイッチは、今でも忘れられない。
臭くて、酸っぱくて、ニキッとした歯触りのはずのチーズは、
驚くほど美味しかった。
緑のむせかえるような匂いと、まぶしい太陽の下で食べるサンドイッチは
チーズの酸味が程良くアクセントになって、卵やレタスを引き立てていた。
「チーズって、こんなに美味しかったんだ・・。」

その時から、うって変わって私はチーズが大好きになった。
目からうろことは、こんなことを言うかもしれない・・・。   キーマ  


上の写真は、イタリア旅行から帰って来た友人がお土産にくれたパルメザンチーズ。
でっかい!!「わ~、嬉しい!!幸せだな~!!」
お礼を言う前に、本音が飛び出した。
「すぐに食べるだろうと思ったから、クラッカーも一緒に買ってきたよ」
至れり尽くせり。持つべきものは、友達だ~!!

       ・・・・・・



一番山の大将の手作りスモークチーズ。
これは説明できないくらい、絶品だった。
桜のチップの香りが、しっかりと封じ込まれて香ばしい。
味もしっかり、深いコクがある。
うどん屋をはじめても、これだけは残してほしい。

f0174082_923361.jpg





先日行った湯布院旅行のお土産。
ペッパースモークチーズ。
ビール好きのナンへ買ってきた。
うちのニャンズにも好評だった。
ニャンズには、裏の方のペッパーがないところを切り分けた。

f0174082_9231825.jpg





せっかくなので、もらったチーズをカナッペ風にしてみようっと・・。
クラッカーの上に卵、さらし玉ねぎ、キュウリ、トマト。
端から食べてゆくうちに、トッピングが変わってゆくので味が楽しめる。
サクサククラッカーは、チーズによく合う。

f0174082_9233095.jpg



f0174082_9234596.jpg





一番山の大将のスモークチーズ。
粉引きの長皿にのせて。
さらし玉ねぎは、手付き粉引きの器に。
この器、側面にしのぎが入っている。

f0174082_9235943.jpg



f0174082_9241049.jpg





思わず、チーズにばっかり手が伸びる。
「野菜も食べようよ」
こんな掛け声が、どちらからともなくかかる・・。

f0174082_9242694.jpg

[PR]
by my_utuwa | 2010-06-14 13:20 | Comments(27)

羽を伸ばして湯布院へ


このところあわただしい日が続いていた。
ナンの仕事は春先からずっと詰まっていたし、
高齢でわがままになった実家の父の病院めぐりに付き合ったりもした。
自分の体調も、なんだかいま一つだった。

そんな折、東京にいる友人夫婦から電話をもらった。
「休暇で湯布院に行くから一緒に行かない?」というお誘いだった。
湯布院にはご主人の会社の保養所があるという。
広い敷地の中にある離れの部屋、フルコースのお食事と温泉付き、
しかも格安料金だそうだ。
願ってもない、夢のような話だったが、まとまった時間がとれそうもなかったので
すぐに返事が出来ずにいた。
「すごくいいところだから、ぜひ一緒に行こう」という再度の誘いに、
行ってみようかなという気になった。

ナンは個展が直前に迫っていて、旅行どころではないと言う。
「留守番するから行ってきたら・・。」と背中を押してくれ
いそいそと返事の電話をした。
三つ子の孫が生まれて、てんてこ舞いの福岡の友達も誘って、
4人で行くことに話がまとまった。

当日、誘いに来てくれた友人たちと出掛ける直前に、
外で遊んでいたクンが帰ってきた。
私の様子がいつもと違うと思ったのだろう。
「ニャウ~、ニャウ~」と大声で鳴きながら、後追いしてきた。
車のところまでやってきて、行くなと鳴いている。
「う~ん、困ったなあ・・、クン。」
「お土産買ってきてあげるから留守番していてね、わかった?」
とまるで小さな子供にでも言うようにクンをなだめて、友人を失笑させた。

こうして一泊だけの夢のような料理と温泉を堪能し
留守番しているナンや、クン、ピッキーにも忘れずに
湯布院牧場のチーズやソーセージの燻製を、たくさん買ってきた。
留守番をさせてしまった罪滅ぼしのような、
そんな気持ちの裏返しだった・・。             キーマ




保養所に着いた。玄関先で一枚。

f0174082_19575012.jpg





チェックインしている間にラウンジでコーヒー。

f0174082_195873.jpg





ラウンジのベランダからワンショット。

f0174082_19581966.jpg





離れの部屋に着いた。振り返って入口を・・。

f0174082_19583014.jpg





部屋の中のベッドルーム。
ベッドはなんと電動式で高さやリクライニングを調整できる。

f0174082_1958507.jpg





調度品。

f0174082_1959081.jpg





夕食のため、レストランへ。

f0174082_19591282.jpg





フルコースの始まり、始まり。
先附け。(穴子ちまき巻き寿司、石川小芋、蓮根煎餅など)と刺身三種。

f0174082_19592382.jpg





向附。(アユ並葛打ち)

f0174082_19593391.jpg





洋皿(赤鶏と野菜のゴマクリームソースかけ)

f0174082_19595614.jpg





せっかくだから、ワインを一杯

f0174082_200727.jpg





新じゃがたちうを包み揚げ(マッシュポテトの中にたち魚が香ばしかった)

f0174082_2001861.jpg





黒毛和牛の炭火焼、サラダ付き。自家製のにんにくソースでいただく。
これは最高においしかった。
ソースをやめて柚子こしょうだけも試してみたが、甘くて柔らかい。

f0174082_2002940.jpg





デザートの豆乳プリン、コクのある上品な味。

f0174082_2004385.jpg





廊下に照明が灯った。

f0174082_201570.jpg





朝の食事、まだ眠い。

f0174082_2011645.jpg





朝ぶろに行ったついでに写真を取った。
脱衣所には坪庭があった。

f0174082_2012821.jpg





広々としたお風呂。
久しぶりに友達同士でおしゃべりしながらの、長風呂になってしまった。

f0174082_2014569.jpg





浴場に続く露天風呂。

f0174082_2015684.jpg





お隣にある家族風呂。

f0174082_2021549.jpg





帰りまで時間があったので無量塔に寄った。
ここの売店のチョコレートが欲しかったんだ・・。

f0174082_2022749.jpg





亀の井別荘の中の「天井桟敷」、喫茶が楽しめる。
果汁100%のオレンジジュースが美味しかった。

f0174082_2023975.jpg

[PR]
by my_utuwa | 2010-06-03 23:07 | Comments(22)