『 桃林窯 器こぼれ話 』

touringama.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ピッキーの失踪

「ちょっと、川の方を探しに行って来る。」
そう言って、雨の中をナンは出かけて行った。
ピッキーがいなくなって、もうかれこれ一か月近くが過ぎようとしている。

いつものように、ふっといなくなった。
大抵2~3日で帰ってくるが、今度は長い。
いくらなんでも長すぎる・・・。

ピッキーを最後に見たのは、土砂降りの水曜日の昼ごろまでだ。
その日は実家に行くことにしていて、
ベッドで丸くなって寝ていたピッキーを起こさずに、そっと出かけることにした。
帰ってからやるつもりで、ミルクもドライフードも置かなかった。

私達が戻ってきたのは夜の10時を回った頃だろうか。
ピッキーはいなくなっていた。
次の日も、また次の日も帰ってこなかった。
梅雨まっただ中の九州は、毎日スコールのような雨が降っている。
こんな雨の中を、いったいどこに行ったのだろう。

近所に聞いて回ったが、見かけないとみんな言う。
もしや車の事故にあったのではと、そんなことが頭をよぎった。
村中の道路や溝を、くまなく捜してみたが、
蛇が一匹死んでいる他、何も見つけることが出来なかった。
山の方も、森の中も名前を呼んで歩いてみたが
虫の音が聞えるばかりだ。

一キロぐらい離れた山の空き地で見かけたことがあると、村の人が教えてくれた。
半年ぐらい前のことだそうだ。
「半年前・・。」
雨が小ぶりになるのを待って、山の空き地に行ってみた。
草が伸び放題に茂っていて、あたりは静まり返っている。
みる人もいない石仏が、隅っこに転がっていた。

「ピッキー!」呼んでみたら、遠くで猫の鳴き声がしたような気がした。
ヒグラシが、急に大きく鳴き出した。
空耳・・・、悲しさが一気に込み上げてきた。
「ピッキー!!」もう一度、呼んだ。

「ニャ~」
え?今確かに、声が聞えたような・・・。
「ピッキー!!」

「ニャ~」今度ははっきりと聞えた。間違いなく、ピッキーの声だ。
やがて草むらから、なんとピッキーが現れた。
痩せてはいたものの元気にしていた、汚れてもいない。
「ピッキー!! 」
小走りで近づき、ずいぶん軽くなったピッキーを抱きあげると、涙がこぼれそうになった。
ようやく、見つけた・・・。

「一人ぼっちで、ずっとここに居たの?」
「ニャ~」ピッキーはもう一度鳴くと、体を反転させ
今度は体を強くすり寄せてきた・・・。                 キーマ




茂った草むらから、返事をしながらひょっこり顔を出したピッキー。

f0174082_22152227.jpg





家に連れて帰った後は、数日間は眠ってばっかりだった。

f0174082_22153431.jpg





ピッキー専用のベッド。
クンもここに一緒に眠りたいらしいが、クンにはしばらく遠慮してもらおう・・・。

f0174082_22154635.jpg





久しぶりに晴れたので、庭に連れて行った。
眠くてぼんやりしている。
クンが遊んでもらいたくて、そばでうずうずしている。

f0174082_2216166.jpg





猫は狭いところが好き、
何が楽しいのか、買い物かごの中にきちんと納まっている。

f0174082_22163095.jpg





足つきの小さな箸置き。
最近足つきにすることが多い。
薬味入れにも、かわいいと思う。

f0174082_22165339.jpg





櫛目の入った粉引きの小鉢。
先日上がったばかりの新作だ。
小振りで、重なりもいい。
夏向きで、薄くて軽い。

f0174082_2217647.jpg





鉄絵の入った粉引きの皿に、イカ墨のパスタを載せた。
ニンニクが利いていて、めちゃくちゃ美味しかった。
にっと笑うと、すごいことになる。

f0174082_2217219.jpg

[PR]
by my_utuwa | 2009-07-13 23:16 | Comments(27)

峠のヤコ

「嘘だと思うやろ?ほんとだってば・・。」
村の公民館での、月に一度の集会に遅れて行くと、そんな話で盛り上がっていた。
「こんばんは、どうしたんですか?」
「あれ、吉田さん。こんばんは。」
「今ね、赤田の村から峠を越えるところに出る、ヤコの話をしよっとよ。」
「ヤコ?」
「そう、ヤコ・・。」

野狐なのか、夜狐なのかわからない。
人をたぶらかす、悪いキツネのことだ。
このキツネ、時々出て来て、人に悪さをするらしい。
今の時代に、である。

「山に入る脇道に、お札が立ってるやろ?ヤコ封じをしている札なんだけどね。
あれが、ヤコの出入りする通り道たい。」

そういえば、伊万里の町へ出る峠の途中に、ひっそりと木の札が立っている。
この木札、時々新しくなっているところを見ると、このヤコの話、
今でもりっぱに、現役らしい。

「赤田の村のじいさんが、最近だまされたっていう話だよ。
伊万里で一杯ひっかけて、いつもの夜道を帰ってくるはずが、
どんなに歩いても、とうとう家にたどりつかずに一晩中歩かされたっていう話ばい。」
「ハハハ・・、酔っ払っておらしたとやろう・・・?」

この峠、私たちもよく利用する、とても便利な山道だ。
でも、そんな話を聞いてから、なんとなくこの峠を通るのが怖くなった。
雨が降ってる夜なんかは、真っ暗な山道から何が出てくるかわからない。
回り道すればいいんだけれど、やっぱり便利な近道を、そう簡単には変えられない。

「ねえ、ナン。そろそろヤコ封じのある場所を通るよ。窓、閉めようか・・。」
「うん、そうだね。閉めよう!閉めよう!」
ヤコの話を聞いてから、この山道を通る時、車の窓を完全に閉め切って 
全速力で走り抜けるようになった。           
                                  キーマ




村から赤田を通って、伊万里方向へ行く山道。
道路の両脇は、こんなうっそうとした原生林に囲まれている。
昼間は鳥の鳴き声しか聞こえない。
地元の人しか通らない、静かな山道だ。

f0174082_2140137.jpg





ヤコが通るという道。
ヤコ封じの札がある所から、山へ向かう道を車から降りて、
こわごわと写した。

f0174082_21404538.jpg





これがヤコ封じのお札だ。
これが時々、まっさらな新しい木札に立て替えられる。
現在2枚。多い時で4~5枚位だろうか。
・・・、なんで?

f0174082_21405852.jpg





気分を変えて・・・。
新作の粉引き冷酒カップ。
両手にすっぽりと収まるサイズ。
小振りで、薄手。
きーんと冷やして飲むのにいいと思う。

f0174082_2141102.jpg





アイスコーヒー用の焼き締めのカップ。
手びねりで大きめ。
上から下までズドンとおおらか。
コーヒーが美味しく感じた。

f0174082_21413599.jpg





こちらは刷毛目のアイスコーヒーカップ。
上のカップに比べると、やさしい感じで女性向。
以前唐津のお寿司屋さんが、お湯呑にしたいと注文をくれた。

f0174082_21425183.jpg





蒸し暑くなって、カレーが食べたくなった。
こんな季節はピリリと辛いカレーがよく合う。
煮込んで4日目。
そろそろ食べ頃になった。

f0174082_214330100.jpg





粉引きの、ちぎりっぱなしのお皿に盛り付けたサラダ。
最近ナンは、この種類の粉引きをあんまり作らない。
取扱いが難しいのが理由だそうだ。

そうかなあ。ザックりしていいのに…。

f0174082_21434496.jpg

[PR]
by my_utuwa | 2009-07-02 22:52 | Comments(23)