「ほっ」と。キャンペーン

『 桃林窯 器こぼれ話 』

touringama.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

鎮守の森


村にはあちこちに観世音菩薩や弘法大師、阿弥陀仏などの石仏を祀っている。
村の人はやくじんさん、かんのんさん、てーじんさんと、まるで隣人を呼ぶみたいに
親しみを込めて呼んでいる。
やくじんさんは、村でむかし疫病がはやった時に建てられた石仏、
てーじんさんは大宰府の天満宮の流れをくむ石仏だ。

8月7日はやくじんさん、8月17日はかんのんさん、8月25日はてーじんさんのお参りの日で
これらの日は、村の人がこぞって、夜のお参りをしなければならない事になっている。

当日は朝から山の入口に旗がたつ。お参りの日が来たことを皆に知らせるためだ。
8月25日、僕はてーじんさんの旗立て当番になった。
早起きして、公民館の倉庫から旗を取り出し、山の入口まで運ぶ。
村の世話役が山頂にござを敷いて準備完了。後は夜を待つだけだ。

f0174082_2136195.jpg


古場の村には、街灯がほとんど無い。
夜になると、皆が手に手に懐中電灯やロウソクを持って、暗がりの参道を上がってくる。

f0174082_21385152.jpg


山頂は、参拝の人たちがあげたロウソクや線香で、もうもうとしているが、
幻想的でなかなかいい雰囲気だ。
まわりに並んだお地蔵様も、久しぶりの賑わいに、楽しそうにしている。
お参りを済ませてから、ござに腰をおろし車座の中に加わる。

15頭のうり坊を連れた母イノシシの話や、むじなが畑に悪さをして困るとか、
老人会が忙しくて、おちおち病気も出来ないだとか・・・、
おみき片手に、持ちよった漬物やスルメなんかをかじりながら、
屈託のない明るい笑い声が、深い山の中に響いてゆく。

f0174082_2139378.jpg


夜もすっかり更けたころ、「お花」をもらってお開きになる。
夜空には、降り注ぐような満点の星。
田舎暮らしは豊かな人情に満ちている。

f0174082_21391645.jpg


粉引きの角皿に、自家製のヨーグルトアイスケーキを載せてみた。
この角皿は重なりがいいので、食器棚の中でもコンパクトに納まる。
取皿としても手軽に、気軽に使えそうだ。

f0174082_21394949.jpg


大胆に刷毛目を施した飯椀。
こんな茶碗で、お茶漬けをかきこみたい・・などと思ってる。
冷えた水ナスなんかがあったら最高だ。

f0174082_21471391.jpg


掌に入るくらいの小さな足つきの器。
用途は全く考えず、気ままに指に任せて作ってみた。

f0174082_21433677.jpg

[PR]
by my_utuwa | 2008-08-26 22:25 | Comments(16)

湯上りの猫

ピッキーとクンはそれぞれに、ベッドを持っている。
ピッキーは1か所、クンは2か所。
クンは、ピッキーの為に用意していたベッドに寝たがるので、仕方なくもう一つ用意した。

ピッキーは最近、自分のベッドに飽きて僕の足元に寝るようになった。
森の中をたっぷり遊んで、そのまま泥だらけの足で滑りこんでくるので、
久し振りに洗うことにする。

小さいころから時々洗っていたので、シャワーをかけても神妙にしている。
暑い季節、洗った後は、そのまま庭に出す。
クンが様子を見に来たので、ついでにクンも洗ってやろう。

生まれたての羊みたいになった2匹。
色っぽい湯上りとはいかないようだ。
左がピッキー、右がクン。

f0174082_12182292.jpgf0174082_1218369.jpg




貝殻の形の、粉引きの箸置き。
佐賀 城下町・雛祭り展のお雛様にちなんで、貝殻の形をした箸置きを作ったら
意外にも好評だった。それから定番になった箸置き。
薬味入れにしたり、わさび入れにしたりと皆さん自由に使ってくれているそうだ。
裏側にも、遊び心で小さな貝殻の跡がある。

f0174082_12193788.jpg


刷毛目のこんな長皿にオードブルをのせて・・・、たまには日本酒もいいかな~、
などと考えながら作った。黒髪山はもう秋の気配がする。
今日はぬる燗でいっぱい…っていうのもおつだ。

f0174082_1220748.jpg


蔓の付いたミルクピッチャー。
僕のお気に入りの小さな作品のひとつ。
このシリーズは製作に手間がかかるけど、作ってみるとちょっとしたアクセントになる。

f0174082_12202974.jpg


手びねりで作った、とてもシンプルな粉引きの大皿。
少しいびつな形をしているところが、この皿のいいところ。
料理を決して邪魔せず、それでいて控えめながら自己主張するはずだ。

f0174082_12204371.jpg

[PR]
by my_utuwa | 2008-08-19 14:08 | Comments(19)

難所くぐりの回覧板リレー

川を隔てて、東西におよそ20軒の集落がある。
桃林窯のある古場の村だ。

この村には1~2か月に1度、回覧板が回ってくる。
今までは、川の上流から下流に向かって回っていたのが、去年から逆回りになってしまった。
つまり、すぐ下の中島さんの家へ持っていけばよかったのが、
今度はとてつもなく遠い川辺さんの家に届けなければならなくなった。

村には、人を見ると追いかけてくる犬を放し飼いにしている所や、山積みの牛フンの丘を
駆け抜けなければならない所など、それぞれに難所がある。

今度うちが受け持つコースは、普通だと、まずうちの坂を下りきってから、
道路沿いにしばらく歩き、今度は川辺さんの家までの心臓破りの急激な坂を、
休み休み上っていかなければならない。
この坂は、信じられないことに、靴が滑って近くの小枝につかまらなければならない位だ。

そこで、近道をすることにした。
森の中を山の尾根づたいに歩く。途中のサルトリイバラをもかき分け、
藪の深いところまで来たら、今度は湖へ出る。

水際ぎりぎりのけもの道を、途中から石づたいに飛び移りお地蔵さんの所へ出る。
あとは1本道だ。
左上に小さく見えるのが川辺さんの家。
回覧板が回ってきたので、いよいよこれから届けなければならない。
命がけの(?)回覧板リレーだ。


f0174082_20584753.jpg



カズラの取っ手を付けたカップ。手びねりで丁寧に作りました。
小さめのカップですが、存在感があって、自分でも気に入っています。

f0174082_2101257.jpg


刷毛目の変形皿です。シンプルな皿なので重なりも良く、気軽に使える手のひらサイズ。
和え物、煮もの、デザートなどなんにでも使えるマルチタイプです。

f0174082_2105313.jpg


ちょっと深みのある平皿なので、夏野菜パスタを作って載せてみました。
スープやシチューなどにちょうどいい大きさです。
スプーンの返しがいいように、皿の深さ、内側のカーブなどを考えています。

f0174082_2111682.jpg


足つきの器に、家で作ったきゅうりのワサビ漬けを載せています。
イメージ的にはビールの後、最後に食べるおにぎりと漬物をこの器に載せてみたら
美味しいかな…と思っています。

f0174082_2114895.jpg


福岡、ギャラリー「画椰」での個展は、昨日無事終了しました。
たくさんの楽しい出会いを本当に有難うございました。

f0174082_2157521.jpg

[PR]
by my_utuwa | 2008-08-11 23:02 | Comments(21)

猫の手を借りる?

個展まで、あとわずか。作品づくりも佳境に入ってきました。
工房は連日の猛暑で、作った作品が次々と乾いてきます。
一人では、手が回らないくらいの忙しさ。

夏の作陶は、油断するとすぐに乾いてしまう。
乾く前に仕上げを終え、ファンヒーターと天日干しを使い分け、化粧掛けをした後
素焼きをしたり、施釉したりと、猫の手も借りたいくらい慌ただしい。

ピッキーやクンはかわるがわる、工房に遊びにやって来る。
目当ては、天井裏に巣を作っている雀。
目一杯生地や道具が広がっている中を、遠慮なく走り回っている。
「おいっ、お前ら邪魔だぞ!!遊んでいないで、たまには手伝え!!」

後日、出来上がった皿を見て…唖然。
本当に、手を貸していました・・・・。

f0174082_2139647.jpg


小さな箸置きに、小さな足をつけました。
箸を載せるのが、楽しくなるような粉引きの箸置きです。

f0174082_21402314.jpg


カズラを巻きつけた、炭化焼き締めの器。
大きな器ではないのですが、とてもボリュームがあって存在感があります。
今度の個展用に作った、新作です。

f0174082_2141077.jpg


小さな器です。
手のひらに、すっぽりと納まるくらいの大きさ。
取っ手を付けて、ちょっと可愛くしましたが、用途はあまり考えずに作りました。

f0174082_21412752.jpg


木の取っ手を付けた、粉引きの器。
果物を盛るために作ったのですが、意外と面白い表情が出て
そのままテーブルにおいても、デンと自己主張しています。

f0174082_21415040.jpg


吉田求 夏の器展
  
  この夏に向けた新作の器展。
  粉引きや刷毛目、炭化焼き締めなど、およそ250点を展示、販売。
  かずら付きの花器、カップ、夏の中に涼を添えるビアマグ、そば皿、蚊やりなど・・・。
  ブログに登場した作品も出展、生き生きとした風情のある器を提案します。
  どうぞご期待ください。

  期間)平成20年8月5日(火)~10日(日)
   
     AM11:00~PM6:00  最終日~5:00

  場所)ギャラリー画椰(がや)

     〒814-0155 福岡市城南区東油山3-29-30

     TEL.FAX  092-873-0033  

f0174082_21422991.jpg


地図)

f0174082_21425075.jpg

[PR]
by my_utuwa | 2008-08-02 00:14 | Comments(25)