『 桃林窯 器こぼれ話 』

touringama.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:猫たち( 1 )

ピッキーの別邸

最近ピッキーは、晩ごはんの時だけ帰ってくるようになった。
いつもは家にいない。
ご飯時だけ、どこからともなく姿を見せる。
そうしてたっぷり食べ、たっぷりと僕らに甘えた後、再び外へ出かけてゆく。
トイレにでも行くような、全く自然なそぶりで
そのまま次の日の夜まで帰ってこない。

次の日も、またその次の日もそうだ。
こんな日が、もうずいぶん長く続いている。
思えばクンが来てからは、こんな兆候が顕著になった。
ピッキーは、6カ月ぐらいの子猫の時から家出の癖があり、
大抵は2~3日、長い時で1カ月、ふっといなくなる。
当初は事故にでもあったのではないかと心配して、
キーマと二人、手分けして探したものだ。

最近では、ピッキーの家出にもすっかり慣れてしまった。
不思議なことに、ピッキーはいつもきれいなまま、帰ってくる。
ひょっとして、どこかの家に別の名前で飼われているのでは・・・、と、
そんなことも考えた。

ところがある日、僕らは気がついた。
ピッキーを探しに行く時、いつも同じ畑や空き地から出てくるのだ。
共通点は、一軒の空き家だった。
月に一度、管理人が見に来る、大きな庭付きの百姓家がある。
その百姓家を中心に半径、50~60メートルあたりから、
ピッキーは鳴きながら出てくるのだ。

今度も、いつものように居なくなったので、
まっすぐにその空き家に行って、庭からピッキーの名前を呼んでみた。
すると「ニャ~ン」と二階の方からピッキーの声がするではないか。
ピッキーは、この二階建ての、小屋付き、庭付きの大きな家に
ちゃっかりと独り暮らしをしていた。

夕べ僕らは、数日帰ってこないピッキーを迎えに行った。
「ピッキー!!」
二階から、すぐに「ニャ~ン」と声がして、
まだ帰りたくないと、返事だけが聞こえてきた・・・。     ナン





道路から入口を通って一枚。
ここがピッキーの間借りしている別邸だ。
入り口からすぐのところに、農機具小屋がある。

f0174082_207581.jpg





今は農機具を置いてあるが、昔は牛か馬小屋だったと思う。。
小屋の奥のほうに、玉ねぎをぶら下げてあった。

f0174082_2071738.jpg





表の庭。
燈篭があって、梅や紅葉の古木があった。
手入れもされている。

f0174082_2072820.jpg





ピッキーの別宅を道路から見たところ。
裏庭も入れると300坪以上はある。

f0174082_2073954.jpg





風流な猫だ。

f0174082_2075178.jpg





わざわざお客様が持ってきてくれた、栗の渋皮煮。
栗は、キーマの大好物。
中まで、上品な甘みがしみ込んでいる。
それはそれはおいしいかった・・・。
せっかくなので、新作の粉引き皿に入れて一枚。

f0174082_208840.jpg





粉引き椀。
珍しく、鉄絵入り。

f0174082_2082016.jpg





今までにたくさん陶箱は作ったが、重箱は初めて。
蓋付きの黄瀬戸。

行楽弁当をキーマが作ってくれた。
仕事が忙しくなってきたので、残念だが家で食べることになった・・・。

f0174082_2084674.jpg





小さな器は、料理屋さんのリクエストでできた特注品。
こんな風に、重箱の中に入れて料理を盛り付けるらしい。

f0174082_2085854.jpg





やっぱり晴れの器は、華やかでいいなと思う。

f0174082_209721.jpg





にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村
[PR]
by my_utuwa | 2009-10-31 22:08 | 猫たち | Comments(18)