『 桃林窯 器こぼれ話 』

touringama.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:作陶( 1 )

仕事の道具

今から20年以上も昔、
クラフト系の学校を卒業した僕は、有田へ向かった。
有田でロクロをもっと習いたいと、思ったからだ。

練習に使う土は磁器用の土で、白くて滑らかだった。
考えてみれば、磁器の生産地で習うのに磁器用の土を使うのは当たり前だ。
僕は陶器と磁器の違いも深く考えずに有田へ向かってしまったのだ。

磁器用の土は曲者で、ろくろで成形しようとすると、
粘りがなく、こしも弱かった。
薄く引き伸ばすと、すぐにへたってしまう。
どうにも手に負えないと、当時の僕はつくづく後悔した。

先人も同じ苦労をしたらしく、この厄介な土を何とかうまく伸ばす工夫をした。
そこで考えられたのが、木製の「へら」だった。
形が牛の舌に似ていることから、「牛ベら」という。
修行中は牛べらを自在に使いこなす師匠の手が神業のように見えた。

今では、僕の道具の中では、一番大事なものになっている。
僕の牛べらは、県境を越えた長崎の、町はずれの床屋で作ってもらっていた。
牛ベらと床屋・・・。誰も結びつかないだろう。
僕も最初に聞いた時は、なにかの間違いではないかと思った。

でも手先の器用な、ここのおやじ、知る人ぞ知るへら作りの名人だった。
3~4年ほど前に、高齢でやめてしまってからは、
もう二度と手に入れることができなくなってしまった。
それからというもの、僕は四苦八苦しながら自分で牛べら作りをしている。
最近は、どうにか使えるのが作れるようになってきた。

おかげで自分たちの使うスプーンも、いつの間にか手作りになり、
キーマはすっかり喜んでいる、という訳だ。          ナン




これが、「牛ベら」。
四苦八苦しながら、当時作り始めたもの。
中央の大きなへらは床屋製、皿を伸ばす時に使う。
左右の自作2本は、湯飲みを作るときに使う。

f0174082_6423682.jpg





右のへらは、大皿を引くときに底の部分を締めるもの。
左は流木。知り合いの作家にもらった。
この流木、土を叩き締めたり、模様をつけるときに重宝している。

f0174082_6425919.jpg





右から、土を内側からふくらませるためのコテ。
中央、急須の口作りをするときの小さいコテ。
左、急須のふたをのせる「き」を作る時のへら。

f0174082_6431164.jpg





「しっぴき」と呼んでいる。
ろくろで成形をした後の器を切り離す時に使う。
糸は、好みの太さに縒って使う。
糸底の語源はここからきている。

f0174082_6433558.jpg





ステンレスのワイヤー、土の塊を切るためにホームセンターで買ってくるが、
極細は意外と高価だ。
扱いやすいように、木の枝にくくりつけている。

f0174082_6434472.jpg





内べらいろいろ。
以前はよく使っていたが、最近ではほとんど使わなくなった。
磁器の練習をしていた時に、よく使ったもの。
上のへらは、旧家に使われていた障子の腰板を再利用したもの。
正目の板は、100年以上の年輪があった。
今ではもう手に入らないだろう。
磁器の飯椀を作る時、このへらは抜群の働きをしてくれる。
下の2枚は市販のもの。

f0174082_643535.jpg





刷毛目の平鉢。
以前買ってくれたお客さんが、とても使いやすいと、
片道2~3時間をかけて、わざわざ追加で注文に来てくれた。
見本を見ながら、久しぶりに作った平鉢だった。

f0174082_644668.jpg





一尺ぐらいの大きさの、変形の大皿。
一部分を削って、インパクトのあるアクセントをつけた。
ボリュームがあって、存在感がある。
オードブル皿、チーズ皿、刺身皿などに・・。
人が大勢集まる時、こんな皿にドンと料理を盛り付けて
友達と一緒に楽しく飲む、というのはどうだろう。

f0174082_6441877.jpg


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村
[PR]
by my_utuwa | 2009-10-22 18:32 | 作陶 | Comments(12)