「ほっ」と。キャンペーン

『 桃林窯 器こぼれ話 』

touringama.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 219 )

ギザ10

f0174082_2144080.jpg

コンビニでの買い物の後ふと気が付くと、つり銭にギザ10円が混じっていた。
ギザ10は集めている訳ではないけれど、見つけてしまったらもう手放せない。
僕が生まれる前から長い時間をかけて人から人に渡り続け、やっとここまでたどり着いたと思うとなんだか貴重なものに思えてしまう。





僕が使っている窯は大小二つあり、大に8本、小に4本のバーナーが付いている。
バーナーは微妙なセッティングが必要で、特に空気取り入れ口の隙間が窯上がりの良し悪しを大きく左右する。
隙間は1.5ミリから3ミリ位で、この短い寸法を定規で正確に測ることは難しい。
普通は隙間に合ったコインを差し込んで調整するのだが、僕の窯は10円玉や100円玉を差し込んでも少しだけ空きすぎてしまう。
勘を頼りに微調整をしていたけれど、隙間に合ったコインがないものかといつも探していた。
f0174082_20285772.jpg


ある時、ギザ10が普通の10円玉より少しだけ薄いことに気付き、若い10円玉と比べてみると明らかに薄くて軽かった。
人から人へ渡り続けたギザ10は少しずつすり減って、長い年月で細身になってしまったらしい。


バーナーの隙間に合わせると、重ねて2枚がジャストサイズ。
f0174082_20284824.jpg




バーナーの炎は青過ぎず、赤過ぎず、良い色で燃えている。
f0174082_20431093.jpg




青色の炎は空気が入り過ぎ、少し赤いほうが炎は穏やかになり焚き初めにはちょうどいい。
f0174082_22111315.jpg




以来それぞれの窯に2枚ずつ、計4枚のギザ10があれば充分だったが、
見つけるとついため込んでしまい、窯の扉に並べて眺めている。
f0174082_20513572.jpg




昭和26年製から33年製のものが多く、30年製と31年製は持っていない。
集めているつもりは全くなかったけれど完全にコレクターになってしまっているな、
とコンビニ帰りに気が付いた。

数えてみると20枚。
f0174082_20302325.jpg




一番古い26年製は黒くて表の数字や裏の絵もよくわからないので
仕事場にある酢酸を使い銅の酸化被膜を除いてみようと試してみた。
f0174082_2030434.jpg




反応促進に塩を混ぜて硬貨をその中に入れてみると・・・
数分で真っ白、ではなく赤銅色!! 65年前の銅の輝きがよみがえった。
f0174082_20301555.jpg




でも少し反省・・ ギザ10に刻まれた長い歴史を台無しにしてしまった。
残った18枚はこのまま大事にとっておこう。

ギザ10が製造されて100年が経った後も、
自販機で今と変わらずコーラが買えたら素敵だなと思う。        ナン
[PR]
by my_utuwa | 2017-02-12 22:02 | Comments(2)

マグカップ

f0174082_17493795.jpg


桃林窯で人気のマグカップは、年間売り上げ一位を20年間続けているベストセラー。
少し大振りで側面に2か所のくぼみをつけ、持ちやすいようにしていて、
用途の広い使い勝手が人気の理由だ。

ロクロで作り、半乾きの時にくぼみをつける単純な作業だが
ロクロ成型の難易度が高く、作る時はいつも苦労している。
普通の器は右回転のロクロで作った後、少し乾かして裏返し、左回転のロクロにかけ高台を削る。
作業の比率は7:3くらい。
ところがこのマグカップに限ってはほとんど削りをしない。
作った後に高台を糸切りし、壊さないように左右の中指、薬指4本をひし形に使って作業板に移したらその形のままが焼き上がりの形になる。

在庫がなくなったら作り足すことを続けて、もう3000個くらいは作ったと思うけれど
作る時は集中しないとうまくできない。
半日ロクロに向かって1つもできないこともある。
40~50個作るくらいが集中力の限界で、数を作ることが難しい。


昨年末に50個の湯のみの注文があり、納期が12月30日という短納期の依頼を受けた。
50個の湯飲みは小窯には入りきらないし,大窯には少なすぎる。
そこで思いついたのが 「大窯いっぱいのマグカップを作ってみよう!」 だった。
さっそく作業を始め、一日目は注文の50個の湯呑みを作り、
2日目は午前中に土の準備をした後にロクロに向かった。
途中何度も集中力が切れそうになったが、準備した土をすべて使い切って120個のマグカップを作り終えたのは夜の9:00頃だった。
ヘトヘトになるだろうと思いながら始めた作業だったが淡々とした作業が終わってみると、疲れよりも達成感のほうが強かった。
その後乾燥を待ち、化粧掛け、素焼き,施釉、本焼きと作業を進め、湯呑とマグカップは完成し、12月30日の納品で去年の仕事納めとなった。                    ナン                                                

   

f0174082_17495691.jpg




コーヒーに限らず、いろいろな用途に重宝している。
f0174082_1750476.jpg





作り終えたものを並べてみると壮観だった。
f0174082_17501756.jpg



f0174082_17502684.jpg





午前中から作り始めたので最初に挽いたものはもう乾き始めている。
作ったばかりはまだ水気が残っている。
f0174082_17503264.jpg


 

焼き上がりは上々、窯の還元の具合でほのかに明るい色の御本が出ている。
f0174082_17503884.jpg





今年もどれくらいの数のマグカップを作るだろうか・・
f0174082_17504462.jpg

[PR]
by my_utuwa | 2017-01-24 18:21 | Comments(0)

冬のほっこり器たち・・

f0174082_13571084.jpg

口径)大23cm  小16cm


いつの間にか山は冬の装いを整えている。
燃えるような紅葉も、いまはすっかり落ちてしまって
春を待つ小さな芽を準備したまま、まるで冬眠に入ったようだ。
うちでも、時折薪ストーブに火が入るようになった。

台所に立って、今日は何にしようかな・・?と考えても
献立が思い浮かばない。

そんな時、決まって作るのが根菜類を使った料理だ。
カブのクリームシチューやレンコンのピザ、
キノコをたっぷり使ったパスタもいい・・・。

そんな時に活躍するこんなシンプルな粉引のお皿。
何にでも使えて、決して料理を邪魔しない・・。



f0174082_13573558.jpg


紅茶をたっぷり入れるための、冷めにくいポットを頼まれた。
700mlぐらいは入るかな・・。
蓋のギボシがちょっと素敵で、茶切れも抜群だ。

f0174082_13582720.jpg


同じ土で作ったフリーカップ。
下の部分に、ランダムにしのぎが入っている。
f0174082_13584030.jpg



こちらは白い粉引のポット。
ボディの部分にしのぎを入れた、エレガントな感じ。
こちらもたっぷり700mlぐらいの容量がある。

f0174082_1433078.jpg


しのぎを入れた上に、刷毛目を大胆に施したボウル。
ちょっと大振りで、がさっと煮ものやサラダを入れて取り分ける時に
大活躍しそうだ。


f0174082_13592115.jpg


定番の楕円のお皿。
毎回一枚ずつ買って「やっと5枚揃ったわ」と
嬉しいことを言ってくださる人がいたな‥♡

f0174082_1359406.jpg


中だけ粉引にした角皿。
アツアツのスイートポテトを乗っけてみたらいかがですか?

f0174082_13595790.jpg


今の季節って、山に行ってもお花が見つからない。
ふと見上げたら、名残りの紅葉が一枝・・。
そ~っと持ち帰って、花入れに冬を活けてみた。

f0174082_1414935.jpg


根菜類を使ったランチやっています。
皆さま、ゆっくりとお過ごしになってくださいネ。      キーマ

ハーフカレーランチ)・・・・¥1200
 オードブルプレート
 サラダ
 チキンカレー・ライス
 コーヒー

デザート付きランチ)・・・・¥1700
 オードブルプレート
 サラダ
 チキンカレー・ライス
 フルーツ・あつあつアップルパイ
 コーヒー                    
       
[PR]
by my_utuwa | 2016-12-19 15:03 | Comments(2)

秋の窯開き、始まります。

f0174082_15411584.jpg


日時)11月19日(土)~23日(祝)
    10:00~17:00

参加窯元)桃林窯 
     水炎花・泥縄窯・いろえ工房
     辻修窯・房空路・宝寿窯

場所)  各窯元にて
     武雄市山内町大字宮野

お問合せ)桃林窯 ☎0954・45・6186

恒例の、黒髪山作家村秋の窯開き始まります。
皆さま、誘い合わせの上ぜひ遊びに来てください。
桃林窯では簡単なお茶とお菓子をご用意いたします。
皆様のお越しを心よりお待ちしています。 

f0174082_15415979.jpg

久しぶりに制作した織部と黄瀬戸

f0174082_15414050.jpg

刷毛目の小鉢
ちょっと大振り、煮物やシチューにいいんじゃないかな?
f0174082_15432879.jpg


福岡の那珂川町にあるうどん屋「恕庵」で使っていただいているのと同じ湯飲み。
ミシュランガイドにも出た、とってもおいしいお店だ。
みなさんもぜひ行ってみてくださいネ。


f0174082_15434865.jpg


一点ものの刺身皿。
ボリュームたっぷり!!インパクトがあるでしょ?

f0174082_154639.jpg


f0174082_15461725.jpg


サービスショットのクンです。
売り物ではありません。
可愛く撮ろうと頑張っては見たんだけど、これが精一杯・・。
「もともと可愛い顔じゃないんだよ・・」と、ナン。
なるほどね、納得でした・・・。
f0174082_1548148.jpg


f0174082_154815100.jpg

[PR]
by my_utuwa | 2016-11-12 16:10 | Comments(1)

つりはいらないから・・

f0174082_2016093.jpg



キーマと一緒にドラッグストアに買い物に行ったときのこと・・・

店内では別行動でそれぞれに欲しいものを選んだ後にレジを済ませると
キーマがペーパータオルを買い忘れたと言う。
キーマのレシートに100円の割引券が付いたのでそれを使って買うことにして、キーマには店の入り口に待ってもらうことにした。

ペーパータオルを持ってレジに向かい、100円の割引券を差し出し 「これで買える?」 
ペーパータオルの値段は98円だったので 「おつりは出ませんけどそれでよかったら・・」 と言う。
僕は 「つりはいらないから・・」 と答えた。
すると、周囲に居たたくさんのお客がいっせいにこちらに振り向いた。
隣のレジに並んでいる人もこっちを見ている・・
遠くで待っていたはずのキーマもけげんな顔をして近づいてきた。
キーマが 「いったいいくらのおつりを要らないと言ったの?」 僕は「2円」とこたえた。
キーマが言うには 「それくらいだったらいいけれど、1万円札を出してペーパータオルのつりはいらないと言っているくらい声に勢いがあったよ。」

なるほど周囲のお客がざわつくはずだ・・・
なれない言葉を使うときは気をつけなければいけない・・ と思った。
                              ナン

 

                         

6月の末に大口の注文があり、9月末にすべて出来上がった。
13アイテム、計420個。
f0174082_20173314.jpg




酷暑だった今年の夏はこの仕事にかかりきりだった。
指紋がすり切れるほど轆轤を回し続けた。
f0174082_20181643.jpg




製品棚にも入りきれないくらいの数の焼き物が並んでいる。
f0174082_2029191.jpg




納品が終わったら次は秋の窯開きの準備が始まる。
やきもの屋の仕事はエンドレスだ、好きでなければ続けられない。
f0174082_20341816.jpg

[PR]
by my_utuwa | 2016-10-21 21:13 | Comments(0)

「黒髪山のはしごランチバル」

お知らせ)

はしごランチバルの前売りチケットは、
おかげさまで各店舗とも完売いたしました。
当日チケット分は、各店10食程ご用意しますが
不足することも予想されます。
前売りチケットをお持ちでない方は、悪しからず
ご了承くださいますようお願いいたします。


f0174082_1773682.jpg



黒髪山のふもとには10軒ほどのカフェやレストラン、キャラリーなどが点在しています。
その中にははランチを提供したり、中には本格的な飲食を出すところもあります。

今回そのランチができる店に呼びかけをして、
10月8日(土)に一日限りの「ランチバル」を開催します。
参加店6店舗に、それぞれ軽~いランチやスイーツをご用意しますので
気になっているけどまだ入ったことのない気になるお店で
ランチをつまみながら、散策してみませんか?


当日600円のチケットを、3枚綴りで1500円の前売り券を
各参加店で販売しています。お得なチケット、ぜひこの機会にお求めください。

バル日時)10月8日(土) 11:00~16:00

場所) 佐賀県 武雄市 山内町 宮野(黒髪山麓周辺)の6店舗

バル参加店・及びチケット販売店)
  水炎花・いろえ工房・黒髪茶寮・桃林窯
  yuki hayama &cafe516・房 空路

協力)武雄市商工会 ☎0954・45・2505

お問い合わせ)桃林窯  ☎0954・45・6186

11:00~16:00までの短い時間ですが、
各店の個性的なしつらえと当日限りのスペシャルなランチをご堪能ください。


f0174082_1781467.jpg


f0174082_1783386.jpg


f0174082_1784431.jpg

[PR]
by my_utuwa | 2016-09-19 17:15 | Comments(0)

ギュウギュウヅメ

f0174082_22412741.jpg



ありがたいことに今年は焼き物の注文が続いている。
大口の注文もあったりして毎日がてんてこ舞いの忙しさだ。
例年だと夏の仕事場は暑すぎて、早朝からお昼まで仕事をしたら夕方まではグダグダと過ごしていた。
ところが今年の夏は朝から夕方まで、たまには深夜にも仕事をした。
猛烈に暑かった8月はあまりの暑さに音を上げそうになったが、納期は待っていてはくれないのだ。
仕事後のビールを楽しみに今年の暑さに絶えた。

9月になり、ひと夏分の作品を窯積みしてみると、下段から上段までぎっしりと埋まった。
積み残したものもあるし、衣装ケースの中には仕上げを待っている器がびっしりと並んでいる。
素焼きの窯には器を重ねて積むことができるので、素焼き一回分が本窯二回分になる。
衣装ケースの中にある分と、これから作り足す分を合わせるとちょうど一窯になるので、今月は本窯を三回焚くことになる。
素焼きは4回~5回になるだろうか。

涼しくなったこれからが焼き物のシーズン。
さあ気持ちをリセットして窯焚きの準備をしよう・・・                                             ナン
 

                                           
化粧掛けした白っぽい器はデリケートなために重ねることができない。
f0174082_224228.jpg




ポットは「700ccが入るように。」という注文に応じて作ってみた。
f0174082_22421712.jpg




最上段は窯の天井ぎりぎりまで・・・
素焼きでここまでぎっしりと積むことはめったにない。
f0174082_22422975.jpg




大鉢48個を一気に轆轤で挽いたけれど、こんなに仕事をしたのは初めて。
仕上げ前の器は乾燥を防ぐために衣装ケースに入れて置く。
f0174082_22423817.jpg

[PR]
by my_utuwa | 2016-09-05 22:57 | Comments(2)

暑中お見舞い申し上げます

f0174082_20312557.jpg


夏の桃林窯は、せみ時雨の中にある。
朝は、ヒグラシ、お昼はアブラゼミ、そして少し涼しくなると
ツクツクホウシが鳴きだして、夕方になるとまたヒグラシが鳴き始める。

外では強い日差しがさしていても、桃林窯のギャラリーはちょっと暗め。
来られた人たちが、ゆっくりした時間をお過ごしいただけるよう
少しだけ照明を落としている。



f0174082_20384373.jpg



f0174082_20392186.jpg


桃林窯の薬膳カレーは、地鶏をたっぷり使っている。
30種類のスパイスやお野菜、フルーツなど・・・
手間暇かけて、じっくり作る。

f0174082_20314441.jpg



f0174082_21585910.jpg


入り口には、夏の緑がお出迎え。

f0174082_2032882.jpg



ひっそりと日陰につわぶき。
f0174082_20321945.jpg










粉引の角皿
f0174082_20394796.jpg


しのぎの入ったコーヒーカップ
f0174082_2040465.jpg


20年以上も作り続けている、定番の灰釉小鉢。

f0174082_20401262.jpg


これも定番の楕円のお皿。
f0174082_20401870.jpg


手のひらサイズの器たち。

f0174082_2040373.jpg


ギャラリーは山の緑を活けています。

皆様、猛暑の折、熱中症にはくれぐれもお気を付けくださいネ。
そして、豊かな山の空気を吸いに
ぜひ、お出かけください。
美味しいカレーもご用意していますよ~。

f0174082_21171667.jpg

                              キーマ

f0174082_2042978.jpg

[PR]
by my_utuwa | 2016-08-08 21:30 | Comments(0)

家電・・ 故障の連鎖

f0174082_22295557.jpg


薬膳カレーの案内状を印刷していた時に突然プリンターが壊れた。
プリンターの表示には「トラブルが起きたので電源を抜いて修理をご依頼ください。」
と出ている。
驚いたことに、いまどきの家電は修理を自己申告してくる。
すぐに印刷しなければいけないものがあったので修理をするか、
買い替えるかを考える間もなく新しいものを買いに行った。

その後、ギャラリーの湯沸かし器が不調になった。
これはもう20年くらい使っているので安全を考えて買い替えることにした。
業者には頼まず、通販で取り寄せたものをセルフビルド。

さらに台所のガステーブルが不調になった。
キーマはまだ使えるのならもう少し使いたい・・・ と言っていた。
2008年の安全規格前のものなので迷った末に買い替えることにはしたものの
自分で取り付けが出来るか自信が持てない。
そこで壊れたユニットを慎重に解体してみた・・・
電源や電話線、配管やフレキの長さ、などを考えると自分では難しいだろうと思っていたが開けてみると構造は意外に単純だった。
電源は電池で、電話の配線はなかったのでガス管の接続を確認して、
これも通販で取り寄せた後、自分で設置した。

家電の故障の波は4年~5年おきくらいに襲ってくる。
前回は掃除機、洗濯機、エアコン、扇風機とモーター系に故障の連鎖がやって来た。
今回はガス系のようだがこの後、次の波が襲ってこないことを願っている。
                               ナン



このプリンターはまだ新しかった。インク代が安くすんだので
修理に出して下さいと言っているなら修理しようかな・・
f0174082_2230888.jpg





新しいプリンターは印刷のスピードが断然速い。
インク食いなのが玉にキズ。
f0174082_22301510.jpg




リンナイ製湯沸かしを20年近く使った。
今度はデザイン優先でパロマ製にした。
でも注意書きを本体前面に印刷しているのはなぜだろう?
出来たらすっきりとして欲しい、湯沸かし器は特別なのだろうか。
f0174082_22302850.jpg





台所のガステーブルを外したところ。
f0174082_22303694.jpg





新しいガステーブルが届くまでは卓上コンロが活躍した。
キーマはこれでも十分調理ができると言っている。
f0174082_22304634.jpg





新しく届いたばかりのガステーブル。
これもリンナイからパロマに変えたので設置には少し手間取ってしまった。
f0174082_22305649.jpg

[PR]
by my_utuwa | 2016-07-27 22:50 | Comments(4)

武雄温泉ハイツのビアガーデン

f0174082_915777.jpg


商工会からお声がかかって、ビアガーデン用のビアカップを
出品することになった。
武雄温泉ハイツの夏の風物詩になったイベントだ。

生ビルや焼酎、ソフトドリンクが飲み放題。
しかもふんだんに武雄の特産品を使った
オードブルやパスタが並ぶ。

そこで使ったお気に入りのビアカップが持ち帰れるというのが
このイベントの目玉なのだ。

このプレゼント用のビアカップを出品したナン。
ナンのカップは、織部と黄瀬戸の2種類だ。

ビール好きのナンのカップは
たくさん飲めるようにとちょっと大振り。
焼酎カップとしてもぴったりだ。

他の窯元もいろんなカップを出品していて楽しめる。
皆さんお誘いあわせのうえ、ぜひお出かけくださいネ。


底から見たところ
f0174082_92531.jpg


黄瀬戸のカップ

f0174082_921231.jpg


底の方には小さな模様がちりばめられている。

f0174082_921962.jpg


場所)武雄温泉ハイツ
    武雄市武雄町大字永島18091
   ☎0954・23・8151
営業時間) 17:30~21:00
期間)7月1日~9月10日
料金)¥5000(一人) 90分



どうぞ皆様お出かけくださいネ。

いろんな窯元約10軒が出品しています。
参考までに・・。
f0174082_922547.jpg


f0174082_923062.jpg

[PR]
by my_utuwa | 2016-07-18 09:23 | Comments(3)