『 桃林窯 器こぼれ話 』

touringama.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 235 )

椅子づくり



f0174082_18074060.jpg
秋の窯開きまでまだ少し時間があった10月の中旬。
今日は特別な約束も予定もない、「今日は椅子を作ろう!」僕は唐突に決めた。

数年前に作った机と椅子はキーマが気に入って使っている。
机は玄関に入ったすぐの場所に置いていて、キーマがDMのあて名を書くときやエプロンのデザインを考える時に重宝している。
僕もときどき使っているけれど椅子の高さが少しだけ低いのがずっと気になっていたし、天板が乾燥して反ってしまい四本の足ががたつくようになったことも気になっていた。
それを直すために少しだけ削り直すと椅子のがたつきは直ったものの、椅子の高さはさらに低くなってしまった。
そこで新しく机にあった高さの椅子を作ることにした。
材料は机を作ったときに揃えていたのでそれをそのまま使うことにして、足りない金具を佐世保まで買いに行った。

往復一時間半の道のり。
金具は270円だったが高速料金は200円×2がかかってしまった。

僕の木工作業はとても簡単。
材料を切って金具で固定するだけ。
椅子を作るついでに桃林窯のメニューボード横に置くディスプレイ用の小さなテーブルと、轆轤作業用の椅子も夕方までに完成させた。

机に合わせた椅子の高さはいいあんばいだ。
電気スタンドを置いて読書用に使うのもいいかなと思っている。             ナン






f0174082_18080155.jpg
使った板はもともと敷地内に生えていたもので、それを製材して取っておいた。
杉でもヒノキでもなさそうだが何の木だかまだ分からない。






f0174082_18112780.jpg
以前作った机と椅子。
削り直した椅子は少し低くなってしまった。





f0174082_18084008.jpg
外に置く小さなテーブルは安定しておけるよう三つ足にしてみた。







f0174082_18084815.jpg
屋外に置くものは劣化防止にキシラデコールという塗料を塗る。
このドイツ製塗料は高額だけれどかなりの優れもので、野ざらしでも10年くらいは保ってくれる。





f0174082_18085739.jpg
轆轤作業をするときに使う椅子にはこだわりがあり少し時間をかけて作った。
安定して倒れないこと、クッション性がいいことが重要だ。

この椅子に最近ニトリで見つけたゲルシートクッションを敷いて作業をすると、何時間座っていてもお尻が痛くならない。





f0174082_18090976.jpg

おしりが痛くならなくなった記念に日付とサインを・・・


[PR]
by my_utuwa | 2017-12-03 10:57 | Comments(0)

秋の窯開き、始まります!!

f0174082_20522130.jpg


黒髪山作家村の秋の窯開きが始まります。

日時)11月23(祝)~26日(日)

    10:00~17:00

参加窯元)

   辻修窯・いろえ工房

   水炎花・泥縄窯

   桃林窯・房空路

   宝寿窯

場所)各窯元において

お問い合わせ)桃林窯  ☎0954・45・6186

たくさんの窯から上がったばかりの新作を展示販売いたします。

小さなキズのあるアウトレットも格安で出品します。

深まりゆく紅葉の季節、どうぞ皆さま散策がてらお出かけください。


粉引きのカップ。エレガントな形は女性が好みそうかな?

f0174082_20523647.jpg

おなじみのパオシリーズ。グラタン用として、あるレストランでも使われている。
f0174082_20524200.jpg
炭化焼き締めのコーヒーポット。ところどころにきれいな窯変が出ている。
f0174082_20524823.jpg
これも炭化焼き締め。小ぶりながらも存在感ある角皿。
f0174082_20530164.jpg
粉引きの角皿。こちらは大きめでパスタやお肉などのメインのお料理に
きっと映えるはずだ。。
f0174082_20525497.jpg
ちぎりっぱなしの土で作った変形皿。
和え物や珍味にいかが?
いろんな器が窯から上がります。
どうぞ皆様お出かけくださいネ。          キーマ
f0174082_20530845.jpg


[PR]
by my_utuwa | 2017-11-18 20:44 | Comments(0)

クンの近況


f0174082_09414224.jpg

だんだん寒くなってくると、クンは自分のベッドの中で過ごすことが多くなる。

クンのベッドは、西日の当たる暖かい部屋の窓際に置いてある。

時々、よその猫が庭先を通過するのを、クンはぬくぬくしたベッドの中から

見下ろしている。

お隣のサクラちゃん(白ぶちのオス猫)は、どういう訳か

うちの敷地が大好きで、天気がいいと必ずと言っていいほど散策に来る。

縄張り意識の強いクンは、それが気に入らず、

外に出かけた時に、たまたま鉢合わせになったサクラちゃんに

必ず「ニャウ~」と威嚇している。

そんなクンも、誰も居ないうちの庭先では飼い猫然として

ゴロゴロとのどを鳴らしながら陽だまりを楽しんでいる。

これからだんだんと冬に向かう秋の真っ盛り、クンが外に出かけるのも

あとわずか・・。

ベッドにアンカが入ったら、一日中を日の当たる西の窓際で過ごすことだろう。

天気の良い秋たけなわのある日。

クンは今日も陽だまりを楽しんで、ゴロゴロとのどを鳴らしている。

                            キーマ


f0174082_09411065.jpg




クン、ちょっとおなかコショコショさせて・・・。。
f0174082_09404558.jpg




クン、只今まったり中。
f0174082_09413338.jpg




思い切って、のどをゴロゴロさせていま~す!!
f0174082_09405240.jpg




この後、砂利の上でねむってしまった。。
もうすぐ寒い冬がやってくる。
f0174082_09411940.jpg


[PR]
by my_utuwa | 2017-11-01 15:25 | Comments(0)

二回目の黒髪山ランチバル

粉引きの丸皿
ロクロ目をしっかり残して・・。

f0174082_18125758.jpg

バルが終わって一息ついている。

昨年から始めたバルはふたを開けてみれば大盛況で、

お陰様で今年もたくさんの人でにぎわった。

もともと、バルのことは常連のお客様から聞いたのが発端だった。

「キーマさん、福岡では今、ワンコインでお店を食べ歩く

バルっていうのが流行っているんですよ」

「なんです?それ?」

「ワンコインであちこちの店をはしごするんですよ。お寿司屋さんでは

2~3貫とか、居酒屋ではちょいつまみとかね・・。日にちが決まってて

夕方になるとそぞろ歩きしながらあちこちとね、回るんです。楽しいですよ」

そんな会話が頭に残っていて、それいいなぁ・・と心の中で思っていた。

ある日、商工会の人が用事でうちに立ち寄ったときに

「今、こんなのが流行っているんですって・・。」と教えたら

「キーマさん、それいい!!やりましょう!!」とはっぱをかけてきた。

他人事みたいに思っていたけど、「そうだ、自分たちでやればいいんだ!!」と

なんだかその気になってきた。

この辺りは、お食事やカフェをやってる窯元が集まっていて

やろうと思えばできなくはない。

みんなに聞いてみたら「いいですよ、やりましょ!!」と二つ返事が返ってきた。


そうして始まった窯元バル・・。

年に一回といわず、毎月でも・・という声までいただいている。

「死んじゃうわ・・、そんなに頑張ったら」とあちこちから悲鳴も上がるけど

楽しかったといわれると、「またやろうよ」と誘いたくなる。


うちは、ナンに頼んでバル用の器を作ってみた。

それがこちら。。。

6~7寸の大きさで、今年大活躍してくれたうつわ達だった。   キーマ


粉引きの角皿
ちょっとグリーンがかった刻紋皿

f0174082_18132012.jpg




炭化焼き締めの角皿
窯変が出て、ところどころ金色に・・。
f0174082_18130633.jpg



うちではちょっと珍しい鉄絵の粉引き皿
写真ではわかりにくいけど、お皿の上下がゆるく上がっている。
f0174082_18131334.jpg

笹の葉の形をしたシンプルな粉引きの器
サツマイモをいただいたのでスイートポテトを作ってみた。
リンゴも焼いてスイートポテトに添えてみた。
コーヒーにも、お抹茶にも合うかも・・・。

f0174082_18133334.jpg


[PR]
by my_utuwa | 2017-10-16 20:21 | Comments(0)

ランチバル

ランチバルのご案内
日時)10月7日(土)11:00~16:00
チケット)3枚つづり ¥1800
     当日 1枚¥700
参加店・チケット販売所)
     房空路  ☎0954・45・2234      ちょい呑セットとドリンク
     ハヤマユウキ窯  ☎0954・45・0520  ケーキとコーヒーか紅茶
     いろえ工房 ☎0954・45・2000     ピンチョスとドリンク
     水炎花   ☎0954・45・3478     石窯ピザとハーブティー
     桃林窯   ☎0954・45・6186     キーマタコスとドリンク





f0174082_14320934.jpg



黒髪山エリアには、それぞれの作家のギャラリーで食事やカフェを楽しめたり、

隠れ家的なレストランなど、お客様が喜んでくださるような

素敵なお店が点在している。

去年始まったバルは、なんとなく気になるけれど

普段は行かないギャラリーやお店をもっと気楽にのぞいてもらおうよ!!と

私が言い出した企画だった。

初めての去年のバルは、お陰様でふたを開ければ大盛況で

来られたお客様とお話しできないくらい、たくさんのお客様でにぎわった。

今年もまたやる・・・?とだれからともなく言い出して

今年は10月7日に決定した。

それぞれのお店で、チケットと交換で軽いおつまみ的なランチを楽しめる。

3枚つづりで1800円。

前売り券は各お店で発売中だ。

深まりゆく里山の秋、美味しいおつまみをはしごしながら

気になるお店をお友達やご家族とワイワイと楽しむのはいかがですか?
皆さまのお越しを、お待ちしています。   キーマ




f0174082_14320139.jpg




お茶碗いろいろ
しのぎ入りの少し小ぶりのお茶碗
ちょっとマットな粉引き・・
f0174082_14351611.jpg

外は刷毛目で、内側にしのぎを施したお茶碗




f0174082_14352663.jpg
外にしのぎを施した、すこし浅めの粉引きの茶碗


f0174082_14353500.jpg

マットな粉引きに鉄絵を入れた筒形のお茶碗

f0174082_14354227.jpg

[PR]
by my_utuwa | 2017-09-25 16:02 | Comments(1)

出雲大社と群言堂

f0174082_18162316.jpg


ナンは几帳面な所があって、いつか行ってみたい、買ってみたいと

私がこぼした場所や物を小さなメモに残している。

そして、チャンスがあったときにおもむろにメモを出して、

「キーマ、行ってみようか」「買ってみようか」と誘い水を出す。

ぜひ!!というときもあれば、言った本人がすっかり忘れているときもある。

今回の「出雲と群言堂に一度行ってみたい」は

確か5年ぐらい前に私がふとこぼした言葉だ。

今年の夏は暑くて暇だったのと、メモの一つを消す気持ちもあって

二人で思い切って出雲方面へ出かけることにした。

朝、わりと早く出発したのに着いたのは夕方近く。

車をなんと8時間近くも走らせたことになる。

出雲大社にお参りして、次の日いそいそと夢の群言堂へ向かった。

行ってみると、瞬く間に気分はすっかりハイになって胸がどきどきした。

あちらこちらに素敵なエッセンスが散らばっていて

それにすっかり魅了され、ぐるぐると店内を何周したことだろう・・。

お買い物はそれほどできなかったけれど、違う意味で得たものは多く

すてきな夢の2日間は瞬く間に過ぎて行った・・。  キーマ



f0174082_18170464.jpg


古い木造の美しい外観だ。




f0174082_18172056.jpg



たくさんのおみくじがひしめきあっている。


f0174082_18172876.jpg






松の木の参道。

f0174082_18173721.jpg





そしていよいよ群言堂へ。

f0174082_18174718.jpg




素敵なしつらえでお出迎え。


f0174082_18180637.jpg



この木戸が、群言堂ショップへの入り口。

f0174082_18192010.jpg



花入れのしつらえも素敵!!
f0174082_18185722.jpg



大好きな雑貨にドキドキ・・・
f0174082_18185147.jpg




一つ一つ手に取ってみるから、時間ばかりが過ぎてゆく。
f0174082_18184529.jpg



わ~、なになに?!
f0174082_18183853.jpg



この庭の奥が喫茶になっていて、ここで軽いお食事もできる。
f0174082_18182906.jpg



古い町並みは、空き家も多いそうだ。
住んでみたいな。
f0174082_18190712.jpg



[PR]
by my_utuwa | 2017-09-10 19:21 | Comments(2)

海水浴 唐津編



f0174082_08513686.jpg

お盆を過ぎる前にもう一度海水浴に行きたいと思っていたけれど、
あっという間に8月も後半になってしまった。

台風13号の影響で記録的な暑さになりそうな木曜日、
キーマを誘って唐津シーサイドホテルのプールに出かけた。
キーマはエプロン生地の手配がうまくいかず、昨日から口数が少なかった。
ところがホテルに着くなりテンション急上昇、
どうやらキーマには海を見るとテンション上がってしまうスイッチがどこかにあるようだ。



正面に見えるのは高島。
佐賀の人はだれでも見たことのある東浜の景色だけれど、
僕は見るたびに星の王子さまの挿絵を思い出してしまう。

左側には唐津城も見えていた。         

f0174082_08491430.jpg




お盆を過ぎるとプールも海も人は少ない。
f0174082_08343753.jpg




キーマ、スイッチオン。
f0174082_08485217.jpg




一人で沖まで泳いで行ってしまった。

麦焼酎のコマーシャルみたいだ。
♬さよなら涙~🎶 この先へ行こう~♫  byビリーバンバン 

 キーマ~ 早く戻ってきてぇ~         叫ぶ☆ウサちゃん デコメ絵文字
f0174082_08490579.jpg



シーサイドプールはゲートを通って海浜と行き来ができるようになっている。
f0174082_08492343.jpg




お昼を過ぎると泳いでいる人が多くなってきた。
それにしても天気良すぎ!
鼻を真っ赤にして日焼けを頑張っている人がいた。
そんなに焼けるとあとが怖いよ~
f0174082_08483449.jpg




キーマが海から戻ってきたので、日焼けしすぎないうちに帰路へ。
虹ノ松原を通ったのは久しぶりだった。   ナン
f0174082_10324570.jpg





[PR]
by my_utuwa | 2017-08-25 10:56 | Comments(0)

巨大風車

f0174082_06394444.jpg

たまに見かけることのある風力発電の風車を、いつか近くで見てみたいと思っていた。
休みの水曜日、唐津市肥前町にある風車を見に出かけた。

風車が真近に見える道沿いから脇道にそれ、ほどなく風車の真下にたどり着いた。
近くで見ると驚くほど巨大だ!
発電の仕組みは扇風機の逆で、受けた風で羽根を回しその力で発電するという単純な仕組みだ。
単純だからこんなに巨大にできるのかもしれない。
遠くで見るとゆっくり回っているように見えるけれど近くで見ると
空高くから落ちてきた羽根が地面すれすれで方向を変え、また空高く跳ね上がってゆく。
風きり音がすさまじく、回生のためのモーターが重低音でうなっていた。
羽根は細身で長さに対して幅が短く、根元からはきついねじれがあった。
かぜが強くても弱くても効率よく風を受け止める構造だが、特に強風に耐えられることが重要らしい。
これ程の大きさがむき出しで動いていると、迫力というよりも恐怖を覚える。
真下に居ると怖くて怖くて、キーマと一緒にヒーヒー言いながら写真を撮った。

この日は弱めの風がだったが、強風の時はどんなだろう?
でも風の強い日にまた見に行く勇気はないな。

f0174082_07171141.jpg





昼ご飯は、近くの玄海寿司へ・・
庶民的でリーズナブル、新鮮なネタが人気の店。
回らないお寿司はやはり美味しい・・・ と、キーマが言っている。
f0174082_07165923.jpg



帰りがけにここでコノシロを買って帰った。
f0174082_07171622.jpg


[PR]
by my_utuwa | 2017-08-10 07:25 | Comments(0)

ぎぎが浜海水浴場

f0174082_13494475.jpg





何年振りかに無性に海水浴に行きたくなった。

キーマは紫外線が怖くて行けないので誘わずに一人で行くことにし、

海の家もシャワーもないそれでいてきれいな浜をネットで探してみた。

意外に近いところに数年前に閉鎖された「ぎぎが浜海水浴場」という場所があり、明日そこに行くことに・・・

翌朝出かける準備をしていると、

キーマが一緒に行ってもいいようなことを言いだした。

海の家もシャワーもないところだから設備のいい場所に変更しようかとも思ったが予定は変えずまだパジャマ姿のキーマの準備を待って昼近くに出かけた。

伊万里の「ぎぎが浜」は車で30分くらいの所にある。

昔、元寇と日本軍が海戦を繰り広げた海に面して、鷹島にも近い。

浜に着くと、意外にキーマがテンションMAX

車から降りると日傘を差したまま、ずんずんと沖に向かって歩いて行った。

遠浅のきれいな砂浜で、駐車場には二台の車が止まっていたが浜辺には誰も居ない。

水着に着替え、貸し切りの浜で一時間ほど泳いだ後は持ってきたポリ容器のお湯でシャワーを浴びて「ぎぎが浜」を後にした。

短い時間の海水浴だが日焼けを楽しむ年でもないのでこれで十分。

でも本当にきれいな砂浜だったのでクラゲが出没するお盆前にもういちど行こうかな‥ と思った。              
ナン


f0174082_13251973.jpg



帰り道のファミレスで抹茶のフラッペ
f0174082_14072030.jpg



夏らしくメロンソーダを・・
f0174082_13314665.jpg



[PR]
by my_utuwa | 2017-08-04 14:18 | Comments(0)

ナンの個展のご案内


f0174082_16143235.jpg
ナンの作陶展をいたします。
作品数およそ300点。
最新の夏の器を展示販売いたします。
どうぞ皆さま、お出かけくださいね。

場所)器らくや  悠遊
   〒815-0035
   福岡市南区向野2-4-8
   ☎092-554-2220
期間)17年7月8日(土)~7月16日(日)
    11:00~19:00(最終日17:00まで)

f0174082_16370890.jpg
(写真はイメージです)

夏の薬膳カレーランチのご案内
期間中、ナンの新作を使って薬膳カレーランチをご用意します。
皆さま、ぜひご予約くださいネ。


期間)7月9日(日)・10日(月)
時間)12:00~14:00
場所)悠遊
   ☎092-554-2220
    各日8名様です。ご予約は悠遊まで。
料金)1500円/1人

[PR]
by my_utuwa | 2017-06-28 16:37 | Comments(3)