『 桃林窯 器こぼれ話 』

touringama.exblog.jp
ブログトップ

カーブミラー君

f0174082_17493634.jpg



僕がカーブミラー君を見つけたのは3~4年前だった。

近所なのにめったに通ることはない道を通って秋の窯開きの看板を外して廻っていた時だった。

いまよりも伸び切った立木がカーブミラーの後ろで秋風に吹かれていた。

まるでカーブミラー君が走りだしたように見えて、大笑いしてしまった。

何気ない日常には、思いがけずほっこりとしてしまう瞬間に出合う。

そんな出会いがしらの遭遇に気が付かない時もあるし、

気分によっては何の感動も起きないこともある。

なんだか思い出し笑いしてしまうようなふつうのことを「大事にしなきゃ」と、

カーブミラー君は教えてくれる。              ナン


[PR]
by my_utuwa | 2017-07-22 09:07 | 日々の暮らし | Comments(0)