『 桃林窯 器こぼれ話 』

touringama.exblog.jp
ブログトップ

ふきのとうの天ぷら


道の駅に「ふきのとう」が売られていた。
春だなぁ・・と、つくづく思う。
ちょっと苦みのあるものがおいしく感じられるなんて
子供の頃は思わなかった・・。

天ぷらは、衣を薄~くしてさっと油に入れる。
触りたくても、さっくり上がるまで我慢して
ちょっと箸先でつついてみる。
いい頃合いを見計らって揚げたら、お塩でシンプルにいただく。


f0174082_20143268.jpg


サバの煮つけは、ちょっと難しく感じる。
生臭さを消すために、しょうがでじっくり煮込んでゆくけど
塩辛くなってみたり、甘くなったりする。
おふくろの味の定番なんだけれど。

f0174082_20145425.jpg


レンコンのしんじょ。
根菜類が好きになるなんて、渋い年齢に入ったからかな?
レンコンはすりおろして、片栗粉とお塩を混ぜる。
エビを混ぜ込んで、さっと上げたらだし汁であっさりと・・。


f0174082_20275521.jpg


キャベツが安く出ていたから、一個丸ごと買ってきた。
ロールキャベツは、ストックもできてとっても便利。
薄く味付けして、ご飯に合うように・・。
f0174082_20245824.jpg



手抜きのお昼は、ビビンパで・・。
目玉焼きだけ作ったら、あつあつご飯に乗っけるだけの
超簡単ランチ。
ナンは意外にこのパターンが大好きだ。
少し深めの粉引のお皿に盛り付けて。
f0174082_20251568.jpg



スープとコチジャンを添えて、いただきま~す!!       キーマ

f0174082_20252871.jpg

[PR]
by my_utuwa | 2017-03-24 20:40 | Comments(5)
Commented at 2017-03-25 19:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ぴよぴよナース at 2017-03-26 07:36 x
私も思っているんです。
苦味とか渋みとか
えぐみとか・・・特に山菜・・・
灰汁の多い食材は
子どもの頃絶対と言っていいほど苦手で
食べなかったのに
いつの間にか大人になって( 一一)
好きになったり自分で摘んだり煮たりしているなって

良い器で
季節を感じながら
ゆっくり時間が流れていそうで(お忙しいことも多いでしょうが)
キーマさんの生活にあこがれます
Commented by ワル猫です at 2017-03-26 08:29 x
そうなんよ、子供のころはレタスとキュウリ以外、野菜はあまり好きじゃなかったけど、今は野菜が大好きになりましたね。

ふきのとう、確かに今でも苦いけど、苦いなりにおいしいもんね。

キャベツ、確かに作るより買った方が早いかも~
作れば、一度にたくさん出来過ぎて困るからね。

毎日お好み焼きなんて無理だし~ (*^_^*)
Commented by my_utuwa at 2017-03-31 17:18
こんにちは、ぴよぴよナースさん。
春ですね、山菜の苦みもえぐみも
みんなひっくるめて春の味がします。

うちにもフキノトウが顔を出していましたが、
気が付かずにずいぶん大きくなって
食べるには、頃あいが過ぎていました。

のんびりと過ごす時間・・
こんな時間の使い方も子供の頃は知らなかったですね。。。。
                キーマ
Commented by my_utuwa at 2017-03-31 17:25
こんにちは、ワル猫さん。

お好み焼きは、大好きだから毎日でもいけそうですが
ついつい食べ過ぎて、なんだか太ってしまいそうですね。

一時、もんじゃ焼きにもはまって
毎週食べに行っていました。

もんじゃ焼きって焼き方で、全然味が違うんですよ。
なぜかお店に人に焼いてもらうときは
とてもおいしかったです。

お野菜は買った方が早いのでしょうが
自分で育てた方が、安全で断然おいしいはずですね。
                   キーマ