『 桃林窯 器こぼれ話 』

touringama.exblog.jp
ブログトップ

日本酒漂着

f0174082_15540592.jpg


正月早々新酒が届いた。
送り主は横浜の常連のお客様からだった。

ワインと違って日本酒はたまに買って飲むこともあり、
特に新酒の季節には有名な蔵元の純米や大吟醸をありがたがって買い求める、にわかファンでもある。
日本酒はワインと違って「口当たり」や「すっきり」「フルーティー」など三つくらいの言葉を覚えておくとそれらしく聞こえるが、土のにおいやタンニンがどうだとかワインにまつわる難しい単語は覚えただけでは使いこなせないし下手をすると墓穴を掘るはめになる。

ビールはのどごしで味わうものだけれど日本酒はやはり口の中で味わうもの。
淡白な中に、米の甘さや水田に流れ込む水の清らかさが見えるような
情緒が楽しめる。
ビールと違ってたくさんは飲めないところも奥ゆかしい。
キーマも好きで飲むことが多いがやはりたくさんは飲めない。

届いた2本の酒は冷え冷えの状態で送られてきた。
箱の中には小さな袋に入った味噌がしのばせてあり、
それを肴に飲むといいらしい。
「日本酒に味噌」 クールジャパンだ。
僕がそう言うと、キーマが洒落たことを言う。 

「ワインに味噌も合うかもよ。」      ナン・・・



飛騨の蓬莱という貴重な酒らしい。
f0174082_15541584.jpg



自己主張の強いパッケージだ
今晩呑むのが楽しみ
f0174082_15542355.jpg



日本酒に味噌が付いてきたのは初めての事
試しに味噌をなめながら飲んでみよう
f0174082_15542829.jpg

[PR]
# by my_utuwa | 2018-01-05 16:20 | Comments(0)